ホーム > 家づくりの特徴 > 住み心地が良い

家づくりの特徴

住み心地が良い

エアコン1台で夏も冬も家中快適

当社が建てる家は14畳エアコン1台を使用し、1年を通して快適に過ごすことができる家です。夏は屋根裏を冷やし、冬は床下の空気を暖めて、家中に空気を循環させます。間接的でマイルドな冷暖房方式なので、エアコン嫌いの方にも好評です。

また、小さなエアコン1台を使用するだけなので、電気代はかなり抑えられます。使用しているエアコンも普通のエアコンなので、壊れた時も簡単に修理や交換ができます。ちなみに当社の下田島モデルハウスでは、真夏でも5千円程度の電気代で空調が出来ています。

無料の自然エネルギーを最大限利用した設計

住み心地の良い家を作るために、もっとも重要なのは間取りです。仮に、いくら高性能な断熱材や窓を使ったとしても、間取りが悪ければ住み心地は良くなりません。建てられる土地の条件(太陽の方向・風の方向・周囲の建物)を考え、環境に応じた間取りを計画することで、1年を通して過ごしやすい家になります。

冬の太陽熱を積極的に取り入れながら、夏の暑さを遮断することでエネルギーコストの低い家が出来上がります。自然に即した家づくりは、身体・家計・地球環境に優しい家です。

動画:無料の自然エネルギーについて解説しています。

高気密・高断熱・日射遮蔽・日射取得

断熱を高めていくと室内の温度差がなくなってきます。また、1階と2階の温度でもなくなってきます。外気温にも左右されにくい空間を作る事もできます。当社ではHEAT20G1レベル(Q値1.6)を下回る断熱性能を基準とし、気密性能は1.0以下(平均0.5程度)の施工精度を実現しています。

また、「床下までも室内」と考え、ベタ基礎の内側に断熱材を使用する「基礎断熱」を採用し、足元の暖かい家づくりを行っています。窓やドアも重要です。窓から逃げる熱損失は全体の約5割を占めます。その対策としてオール樹脂製サッシを使用します。

窓ガラスは、アルゴンガス入りLOW-Eガラス(樹脂スペーサー)にして、トリプルガラスとペアガラスを使い分けます。更に、ハニカムブラインドやアウターシェードを使い、熱損失を防ぎます。

動画:日射遮蔽について解説しています。
動画:日射取得について解説しています。

専用ソフトで設計。さらに温度・湿度を実測

ひと口に住み心地のいい家といっても、人によって温度感覚は違います。また、住宅会社によっても基準が違います。一方、国が規定している省エネルギー基準(Q値2.7)では、本当に夏涼しくて冬暖かい家にはなりません。

そこで、客観的な数値で示すことがお客さまの安心感につながると考え、「住宅性能診断ソフトウェア」を使用し設計に役立てています。このソフトは外皮平均熱貫流率(UA値)、冷房期の平均日射熱取得率(ηAC値)等の数値を正確に算出すると同時に、「HEAT20 G1グレード」への適合判定も自動的に実施できます。

また、お引渡しする家の外気温・室内温度・湿度等を24時間に渡り測定し、測定結果をお客さまにもお知らせしています。測定データはデータベースとして蓄積し、将来の気候変動を考えた家づくりの参考にさせていただきます。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5