ホーム > 家づくりの特徴 > 末長く暮らせる家

家づくりの特徴

末長く暮らせる家

外装 風合いの生まれる外壁材を使用

世の中で一番使われている外壁材といえばサイディングです。サイディングを使用するメリットは、コストが安く施工が簡単で工期が短いということです。また、色々な柄がありますので、デザインの違う家を簡単につくれるメリットもあります。しかし、ネックはメンテナンスコストの高さと劣化です。およそ10~15年毎に再塗装が必要で、1回あたり約100万円前後の費用がかかることもあります。また、人工的に作られた材料ですので、風合いが劣化し反ることもあります。当社では経済的な側面からもサイディングに頼らずに自然の風合いを楽しめる素材をオススメしています。

杉板

天然の木は極めて長持ちします。日本古来の建物である神社や仏閣を見れば、その耐久性が解るはずです。

もちろん、自然素材なので雨に当たれば腐朽菌による劣化は発生します。そこで防護仕上を行います。使用する塗料は、塗装材のように剥がれる事のない防腐性の高い材料を使用します。天然成分を使用し土壌を汚染しない成分で作られています。

この塗料で仕上げた木材は、年月が経つほどに古びれ感のある豊かな味わいとなります。また、屋根を長くすることで雨水から外壁を守ることも行っています。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは鉄板にアルミニウム、亜鉛、シリコンなどの合金をメッキしたものを言います。いちばんの特徴は軽い事と耐久性に優れていることです。実際に25年を経た家をメンテナンスしましたが錆びや穴なども開いていませんでした。

ガルバリウム鋼板を使った屋根や外壁は、シンプルなデザインが美しく、いつまでも古びれない外観が特徴です。

メンテナンスコストも安く抑えられるので経済性も高くなります。また、家全体が軽くなりますので、地震に対しても有利になります。

塗り壁(オプション)

塗り壁の魅力は何と言っても独特の風合いです。職人の刷毛さばきによっていくつもの仕上がりを作り出すことができる上に、継ぎ目ができないのもメリットです。また、汚れや風化も味わいのひとつになります。

最近では、色あせや汚れ防止効果の高い塗り壁もあります。ただし、工期が長い・ひび割れができやすい・高価という点がデメリットです。

内装 日本古来の素材を使用

日本の家の内装仕上げは、9割が「塩化ビニールクロス」と思われます。コストが安いのが特徴ですが、自然の風合いや匂い、光のやわらかさなどは、本物の自然素材と比べようもありません。また使用する接着剤によってアレルギーを起こしてしまう事もあります。日本古来の伝統的な素材をバランスよく使うことにより、時を経ながら愛着が深まると共に健康的な空間になります。

無垢床

無垢の床は足触りがよく、素足に気持ち良い素材です。100%天然素材なのでシックハウスの原因物質もありませんし、一生使える耐久性があり、住むほどに味わい深く表情が変化していきます。

「無垢床は傷や汚れがつくから・・・」と避けられる方がいますが、傷や汚れすらも自然な味わいに変わるのが無垢の良さです。仮にたくさんの傷や汚れがついたとしても、表面を削り新しい肌を出すことも出来ますし、塗装をすることも出来ます。

合板フローリングでも傷はつきます。深い傷になると下地が見えてしまうので余計に目立ちます。汚れは付きにくいかも知れませんが色褪せが起こってきます。表面を削ることも出来ませんし塗装も難しいので、末永く使う事は難しくなります。

珪藻土

壁仕上げには珪藻土や漆喰を推奨しています。天然素材のみで作られていますので、驚くほどに調湿効果も高く、霧吹きで濡らしてみると瞬く間に乾燥していく様が見てとれます。

消臭効果も高いので匂いので、室内で料理を行っても嫌な匂いが残りません。また、部屋干しをしても生渇きのような匂いが服に残りません。当社用にオリジナルでブレンドして貰っている珪藻土です。

造作家具・建具

リビングダイニングや書斎等の家具は既製品ではなく、造作家具をお勧めします。TVボードや本棚、書斎カウンターなどは末永く使う物です。好みに応じて作りますので、使い勝手の良い幅や高さにすることも出来ます。

また、家づくりのコンセプトに沿って製作することで色合いも統一出来ます。既製品と違い耐久性も高く末永く使う事もできますので経済性も高くなります。

庭 田舎暮らし

庭は家と同じくらい大切です。子供が小さい頃は、家族でバーベキューやプール遊びを。子供が大きくなったら家庭菜園を楽しむことも。庭やウッドデッキなどがあれば、暮らしの楽しみ方がぐっと広がります。ご主人一人でサンマを焼くなんて言うのもオツですね。せっかく自然豊かな地域で暮らすのですから、家庭にも自然を取り込んで楽しまないのはもったいないです。自然は生活に潤いを与えてくれます。

両毛地域では郊外に地盤の良い土地が多い傾向があります。特に太田市に限っていえば、市街地の便利な場所ほど、土地も高く地盤が悪い傾向にあります。家づくりは家族の一生を決めることです。子育ての面からも経済的な面からも、市街地よりも郊外での家づくりをお勧めしています。便利な場所は、一つのデパートの閉鎖によって不便な場所に変わってしまう事もあります。また便利な場所は、時として騒がしくし落ち着かない場所にもなります。

田舎暮らしは素敵ですよ!

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5