ホーム > ブログ > 家づくり > 『仏滅』なのに建築吉日??

ブログ

2018/11/27

『仏滅』なのに建築吉日??

こんばんは!平石です。

上棟などの日取りを決める上で、『六曜』を気にされる方は多いと思います。

六曜とは、「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の事。

ご存知の方は多いと思いますが、下記のような内容です。

 

 

当然の事ながら、上棟式などは“大安”や“友引”で日取りを決める事が多いです。

 

しかし・・・

 

下記のカレンダーをご覧ください。↓↓↓

 

仏滅なのに、建築吉日??

 

このカレンダーでは、仏滅が『建築吉日』に・・・

しかしこれ、カレンダーが間違っているわけでは無いのです。

 

暦には、もう一つその日の吉凶を表す事柄があるのです。
それが、『十二直』。

 

この十二直では、

『たつ(建)、みつ(満)、たいら(平)、さだん(定)、なる(成)、ひらく(開)』は、建築には吉日とされているのです。

 

 

実際には・・・

 

大勢の方が気にしている六曜は、由来も定かではなく迷信のような話。
『仏滅』仏様が滅すると言いますが、実際に仏教ではそんな話はありません・・・

詳細は書きませんが、旧暦にて『先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口』を順番で割り振っただけ。
今でいう『月・火・水・木・金・土・日』と同じ??

 

十二直も同じです。
六曜よりも細かく分けられている事から、昔から信じられてきたこと。

 

最終的には、どこまで気にするかは本人次第という事ですね。

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5