ホーム > ブログ > 子育て設計 > 『回遊型の間取り』での注意点を館林の現場で解説します!

ブログ

2018/03/04

『回遊型の間取り』での注意点を館林の現場で解説します!

こんばんは!平石です。

今日は、館林にてお引渡しがありました。
仲の良いご家族で、私がおこなった“家づくりの勉強会”に参加された事からスタートしたお客様です。

家の特徴は、
リビング〜タタミコーナー〜脱衣所〜キッチンと“ぐるぐる回れる回遊型”の間取り。
2人のお子さんも、楽しそうに回って遊んでいました!
それを見ているご夫婦も嬉しそうに微笑んでいました。

奥様の家事も捗りますね!

回遊型の間取りのメリットは、

色々な動線が取れる事
風や光が奥までとおる事
お子さんが楽しめる

などです。

しかし、デメリットもあります。

それは、回遊型を意識しすぎて扉をたくさん付けてしまうと、構造の壁がなくなってしまう事です。
回遊型の間取りを希望される場合は、しっかりした構造の確認・計算を行い耐震的に問題ないように行う必要があります。

こういう所をしっかり指摘してくれる・しっかり計算してくれる工務店で家づくりを行う事をお勧めします。

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5