ホーム > ブログ > 家づくり > トリプルガラスを使うと寒い家になる

ブログ

2018/12/15

トリプルガラスを使うと寒い家になる

メルマガに投稿している記事をブログに掲載します。

毎週3回メルマガを発行しています。

ブログではなかなか言いづらい、家づくりの本音や住宅業界の裏話などを書いています。

ネットや本では知る事が出来ない家づくりの情報です。

ご興味ある方は登録してみて下さい。

登録はメルアドのみですので名前も住所も不要です。

いつでも簡単に解除が可能です。
https://www.kosodate-sekkei.co.jp/magazine/

*****************************

こんにちは。
子育て設計の 小暮 です。

最近はペアガラス(2枚ガラス)以外の窓を見たことがありません。

どんなに安い建売住宅でもアパートでもペアガラスを使っています。

それだけメジャーになったようです。

そして、今度はトリプルガラス(3枚ガラス)の窓も見るようになってきました。
https://www.ykkap.co.jp/apw/apw430/index.html

こちらはまだまだメジャーとは言えませんが一部の住宅会社では採用されてします。

当然、ペアガラスよりも高性能・高価格です。

結露も起こりにくいですし、ガラス面から外に出ていく熱も少なくなります。

特に冬は室内外の温度差が大きくなりますので有効になります。

そんな素晴らしいトリプルガラスなのですが問題もあります。

トリプルガラスにしてしまうと冬に寒くなってしまうからなのです。

冬の太陽熱は貴重なエネルギーです。

高気密高断熱の家であれば、窓から入ってくる熱だけで室内を暖められます。

実際、下田島モデルハウスは日中の太陽熱だけで家中が暖かくなります。

場合によっては暑すぎる位になります。

しかしトリプルガラスを使ってしまうと・・・。

これを専門用語を使うと「日射取得が減ってしまう」と言います。

ただし、この理屈は地域によって変わります。

因みにLOWーEガラスにも色々な種類があり、使用する地域や方向によっても変える必要があります。

いずれにしても、何でも高性能な物を使えば良い訳ではありません。

適材適所の選択が出来ないと無意味な出費にしかなりません。

くれぐれもお気を付けください。

では!

 

追伸

そうは言っても当社でもトリプルガラスを使用しています。

ただし、適材適所に使っています。

何でも使えば良い訳ではありません・・・

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5