ホーム > ブログ > 家づくり > 数年で腐ってしまう!?バルコニーとは

ブログ

2017/09/06

数年で腐ってしまう!?バルコニーとは

建物(特に構造体)は、積極的に換気させないと耐久性が低くなります。要は、乾燥状態を保つ事です。

そうしないと、カビ等が発生する原因にもなります。

これは、木造・鉄骨から・鉄筋コンクリート造、全ての構造に共通します。

なんだかんだ言っても、昔の家がなかなか朽ち果てないのは、隙間だらけで乾燥しやすいからだとも言えます(そのせいで、悪い面もありますが)。

しかし、最近の家は気密を高める事を目的にしていますので、乾燥しづらくなっているとも言えます。

特に、気密性能を高める事に特化したような断熱材を採用する場合は、かなり注意が必要です。

そうは言っても、消費者の方には分かりづらいですよね?

そこで、簡単な図面を添付しました。

もし、皆さんが作られている家のベランダ(バルコニー)が、このような施工になっていたら、換気していない可能性がかなり高いです。

場合によっては、数年で腐ります…

しかし、何も分からずに施工されている業者さんも、かなり多いのが事実です。

因みに、ただいま当社で施工させて頂いている隣の家は、この施工でしたので…😑

残念ながら、家づくりに携わる全ての人間がプロな訳ではありません。

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求