ホーム > ブログ > 家づくり > 安全・安心のシロアリ対策『エコボロン』を塗りました!②

ブログ

2018/04/16

安全・安心のシロアリ対策『エコボロン』を塗りました!②

こんばんは! 平石です。

今回は、前回の続きエコボロンについて書いていきます。

 

『エコボロン』とは何?

エコボロンとは、ホウ酸系防腐・防蟻材です。

ホウ酸とは、身近な所では、目薬やソフトコンタクトレンズの保存液に使われていたりしています。
人間にとっての急性毒性は食塩と同程度。

一方、腎臓を持たないシロアリなどの場合には、過剰摂取することでエネルギー代謝できなくなり、 餓死することが分かっています。ゴキブリ対策にホウ酸団子が使われていることからも分かると思います。

 

ホウ酸の良さは、安心安全な事だけではありません!

 

ホウ酸は分解や蒸発しないので、長期間にわたり効果を持続させます。

一方、シロアリ消毒(農薬処理)は、農薬ですので健康面で不安がある事と、5年で分解され効果が無くなります。
そうなった場合は、再度、塗り直す必要が出てしまうのです。

しかし、塗り直すといっても壁の中などは不可能です。
つまり、全ての部分は塗り直しできないのです・・・

 

エコボロンを塗れば絶対に安心?

 

エコボロンは塗れば絶対に安心とはいえません。
「認定施工士により、キチンと塗られているか?」がとても大切です。

塗り忘れや塗り残しがあれば、そこが欠点になってしまいます。
特に「木材の継手部分」など丁寧に塗らなければいけません。

また、住宅には水道配管などもあり、地面から室内につながっています。
この配管周りも規定の工事だけでなく、防蟻材でしっかり埋める事、基礎のコンクリートの打継ぎ部分など、危険な場所には相当の処理をする必要があるのです。

エコボロン処理だけでなく、家全体でどう対処していくのかをしっかり考えて処理する事で初めて効果がでるのです!

これは、防蟻処理に限った話ではありませんが、しっかりした材料を選定し、しっかりと工事する事で始めて性能が発揮されるのです。
断熱でもそうですよね。
いくら断熱材を厚くしても隙間だらけの工事では性能はでないのです。また、断熱が良くても気密が取れていなければ効果は出ません。

何事も、使用材料・工事内容・全体のバランスで考える事が大切なのです。

 

 

 

 

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求