ホーム > ブログ > 家づくり > 家を長持ちさせるには、軒の長さをチェック!

ブログ

2018/07/07

家を長持ちさせるには、軒の長さをチェック!

こんばんは! 平石です。

今日も雨・・・
本当によく降ります。

コンクリート工事など雨が降っていると行えない工事もあり、なかなか大変ですね。

家づくりで『雨』を考えると、上記のような「工事が進まない・・・」という話がよく出ます。

しかし、別の観点から考えると、とても気になる事がもう一つあります。

 

それは「軒の出(長さ)」です。

「雨と軒の長さに何が関係あるの?」
そう思われた方もいらっしゃるかと思いますが、大きな関係があります。

それは、“軒の出がある家”と“あまりない家”では、雨漏りの発生リスクが高くなったり、外壁の劣化が早くなる傾向があるのです。

少し昔の日経ホームビルダーの記事ですが、
軒ゼロ住宅では、雨漏りの発生リスクが通所の5倍となるというのです。

また、外壁も今は“窯業サイディング”が主流となっていますが、塗膜やコーキングの劣化は早くなります。
雨や日射を受けやすくなる事が原因です。

軒の長さを長くすることは、
パッシブデザインの夏場の日射遮蔽のような、“快適さ・電気代節約”の観点だけでなく、
家の“耐久性”の観点からもとても大切なのです。

当然、家の耐久性を考えた場合、軒だけ出せばよい訳ではありません。
しかし、そういう所に意識がいっていない建築会社では、間違いなく耐久性の高い家をつくる事はできません。

そういう所も、建築会社選びの参考にされることをオススメします。

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求