ホーム > ブログ > 家づくり > 「木目調サイディング」と「本物の木」の違い

ブログ

2018/09/20

「木目調サイディング」と「本物の木」の違い

こんばんは! 平石です。

10月にオープンハウスを開催する現場で、外壁工事が終わりました!

この現場の特徴は、外壁に杉板を使っている事。
(杉板とガルバを張り分けしています。)

今、主流のサイディングでも「木目調」の外壁もあります。
しかし、やはり作り物・・・

全然、本物は違いますね。

 

イメージしてください。

 

「タイル調のサイディング」と「本物のタイル」
すぐに見分けられますよね・・・

やはり「◯◯調」と「本物」は別物なのです。

新しいうちは何でも良いかもしれませんが、家は何十年と住み続けます。
古くなった時に、どちらの方が見栄えが良いか?を考えて頂きたいですね。

やはりサイディングは10年ちょっとすれば、塗替え時期となり放置すれば、見栄えはどんどん悪くなっていきます・・・
その点、本物の木であれば、「風合いがでる」という表現でしょうか。

 

10月27日(土)・28日(日) 太田市にてオープンハウスを開催しますので、ぜひ、確認に来てくださいね!

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求