ホーム > ブログ > 家づくり > 現場吹付発泡断熱材を採用しようと考えている方への注意点

ブログ

2018/09/22

現場吹付発泡断熱材を採用しようと考えている方への注意点

このような施工をされている住宅会社は多いようです。

確かに、現場吹付発泡断熱材を使用すれば気密は簡単に上がります
しかし、断熱性能自体はそれほど上がってはいません

その理由は、材料自体の性能が低いからです。

残念ながら、気密だけが上がっても住み心地は良くなりません。

消費者の方は、高気密住宅に住まわれたいのではなく、住み心地の良い家に住まわれたいはずです。

また、スキンカットを普通に行っているケースも多いです。
※スキンカットについては、私のメルマガをお読み頂けると詳しく書かれています。

https://www.kosodate-sekkei.co.jp/magazine/

 

因みに、本物の高性能住宅を作られている住宅会社さんは現場発泡断熱材を採用していないですね。

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00414/082300006/?n_cid=nbpnxt_fbbn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求