ホーム > ブログ > 暮らし情報 > 「畳」に宿る魔法の力

ブログ

2018/09/26

「畳」に宿る魔法の力

「ZEN(禅)」が静かなブームを呼んでいる海外では、畳や紙などを内装に取り入れる方が増えつつある昨今。

一方それらを生み出した日本では、“古臭い”“メンテナンスが面倒”という理由などから、段々と姿を消しつつあります。

最近ではまたリビングの一部に畳コーナーを設けるおうちも見受けられますが、

オールフローリングの住宅やマンション、賃貸物件は非常に多くなっています。

 

言うまでもなく、日本の住まいは素足と紙の文化。

畳はフローリングのように固くなく、程良いクッション性とサラッとした足触り、冬はあたたかく夏は涼しいし、防音効果だってあります。

また、単調とも言える畳の色調は安らぎを与え、清々しい印象をもたらすほか、実際以上に広く見える効果もあるのだそう。

そんな畳に寝転ぶと、なんとも言葉では表現しようのない心地良さを感じませんか?

「日本人でよかった~~~!」と感じる瞬間です。

あの畳特有のい草の香りにも、リラックス効果があるのだとか。

 

我が家にも小さな畳コーナーがあり(スペースの関係上、小さくなってしまいました…)

子どもが寝転んだり遊んだり、洗濯物を畳んだりするスペースとして大活躍しています。

お昼寝のときには、子どもが自ら布団を畳の上にわざわざ持っていくほど。

やはり子どもながらに、「畳の上のほうが気持ちいいわ~」と感じているのでしょうか。

 

さらに、畳敷きを教室に導入している福岡県の進学塾が行った調査によると、

フローリングの教室よりも畳の教室のほうが、生徒の計算テストの正解率が高かったそうです。

マイナビニュース:和室で育った子は頭が良くなる!? い草の驚きの効果

 

今はひとえに「和室」といっても、

畳の形状や畳縁の有無、デザイン性などもさまざまで、昔とはまったく印象の違う「和室」をつくることができます。

ご自宅に畳を取り入れることは、日本文化の良さを子どもたちに伝えることに繋がりますね。

ご検討の際には、ぜひ一度ご相談ください。

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求