ホーム > ブログ > 暮らし情報 > 上手な「衣替え」の方法、教えます!

ブログ

2018/10/05

上手な「衣替え」の方法、教えます!

10月になり、朝晩が冷え込む日も増えてきました。

そろそろ「衣替え」の時期でしょうか。

一般的に、気温が20℃を前後するようになったら衣替えの時期なのだそう。

季節の変わり目は新しい服を買うのが楽しい時期でもありますが、

その前にしっかり手持ちの服を整理しておかないと、タンスが着ない服であふれ返る…なんてことに。

 

衣替えはちょっぴり面倒な作業ですが、

自分が持っている洋服を再確認し、不要なものは処分するチャンス。

子ども服はサイズ確認をし、まだ着られるかどうかをチェックする大切な機会です。

 

まず整理・収納で大切なのは、「ものを減らす」こと。

処分のコツは「3秒ルール」!

3秒以上考えると、人は「捨てないでとっておきたい理由」を色々考えてしまうのです。

どうしても判断ができないものは、「保留ボックス」を作り、その中へ入れておきましょう。

 

経験上、迷った服は着ないことが多いです……。

 

そして、「3年着ていない服は処分」すること!

3年着ていない服を、もう一度着ることはほとんどありません。

保留ボックスに入れた服も次の衣替え時に開けて、再度判断します。

 

「流行はまた巡り巡って戻ってくる~」と思い、とっておく方もいるかもしれません。

しかしそれは間違い!

どんどん溜まっていくのはもちろんですが、

流行は繰り返せど、素材や形、色などに若干のアップデートが施されるのがほとんど。

流行を身にまとっているつもりなのに、「あの人の服装、なんか古臭い…」と思われてしまう原因になります。

 

最近ではフリマアプリやネットオークションなども充実していますし、

リメイク法の本などもたくさん出版されています。

わたしは、小さくなって子どもが着られなくなった服は、サイズでまとめてフリマアプリで売ったりしています。

処分=捨てる、ということではなく、上手に再利用できれば“ベター”です。

 

“ベスト”なのは、流行に左右されず、できる限り処分が少ないこと、ですけどね!

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求