ホーム > ブログ > 家づくり > 【カッコいい家をつくりたい方必見】ウッドデッキや外壁には『本物の木材』を!

ブログ

2018/10/07

【カッコいい家をつくりたい方必見】ウッドデッキや外壁には『本物の木材』を!

こんにちは! 平石です。

 

当社では最近、屋外に木のウッドデッキや縦格子フェンスなどを付ける機会が増えています。
本物の木材は、サイディングなどの作り物とは風合いが違い、お客様からも大人気です。

お客様の中には、木材を屋外で使う場合に耐久性を心配される方もいらっしゃいます。
しかし、しっかりとした塗料をキチンと施工すれば、耐久性の心配は然程ありません。

多少のメンテナンスは必要になりますが、
10数年ごとに必要な“サイディングの塗替え”に比べれば出費も少なく、
劣化したサイディングと比べても見栄えも良いと思います。

 

そこで、“屋外の木材にはどんな塗料が良いのか?”を書いていきます。

当社でよく使っているのは、『キシラデコール』『ウッドロングエコ』という塗料があります。

 

 

キシラデコール

 

木材保護塗料といったら、まず思い浮かぶのが「キシラデコール」。
日本で発売してからもう45年以上の実績もある定番ブランドです。(1971年から日本で販売)

キシラデコールは、木材の内部に浸透し、内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮します。

水性と油性がありますが、耐久性の事を考え、油性のものが多く使われています。
(ホームセンターでは水性の物が多く販売されています)

色が選べ、明るい色からダーク系の色までラインナップされています。

 

水性塗料は、油性に比べ“におい”が少ないです。
DIYなどを行う場合で、ちいさなお子様がいるご家庭は水性塗料を選ぶと安心かもしれませんね。

 

 

 

ウッドロングエコ

ウッドロングエコは、安全・安心の無公害木材保護保持剤です。
また、塗装メンテナンスは不要とうたっております。
(状況によっては再塗装が必要な場合もあります。)

デメリット??は色が選べない事。
ウッドロングエコを塗ると、少し緑がかったグレーになります。
また、樹種によって色も変わります。

きれいに色を付けたい人には不向きですね。

10月末のオープンハウスでも、ウッドロングエコを塗った杉板が張られています。

 

皆さんも、作り物のウッドデッキ、フェンス、外壁ではなく、『本物の木材』を使ってみてはいかがでしょうか?
もの凄く、カッコよくなりますよ!!

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求