ホーム > ブログ > 家づくり > “フローリング”ではなく“無垢床”を選ぼう!

ブログ

2018/10/20

“フローリング”ではなく“無垢床”を選ぼう!

こんばんは。 平石です!

今日はOBのお客様宅の10年点検に行ってきました。
10年点検では、床下や天井裏も確認しておりますが、特に問題が起きている物件もありません!

最近は、毎週2~3棟の定期点検を行っており、ちょっと忙しくしております・・・

 

今回の点検で感じた事に、『やっぱり床は無垢床が良い』という事。

全ての物件ではないのですが、日当たりが良い家の“南側の窓”の前
こうなっている場合があります。↓↓↓↓

 

これは、フローリングが日焼けをしている状況。
カーテンのラインで、色褪せてしまっているのです・・・

 

当然、無垢の床も日焼けはします。
ただ、フローリングに比べ、気にはならないのです。

よく、「無垢床はキズが付きやすい」と聞きます。
確かに“針葉樹”のスギパインは柔らかいので、キズは付きやすいですが、

↑↑↑スギの床材↑↑↑

↑↑↑パインの床材↑↑↑

 

“広葉樹”のサクラアカシアなどは硬くてキズは多少付きにくくなります。

↑↑↑サクラの床材↑↑↑

 

↑↑↑アカシアの床材↑↑↑

 

 

フローリングでもキズが付かない訳ではありません。

 

 

フローリングは、ベニヤなどの表面に単板やシートなどの化粧材を張って作られています。

 

 

その為、表面の化粧材が剥がれたり、キズが付きめくれてしまうと、見栄えは途端に悪くなってしまうのです・・・

実際に住んでいれば、物を落としたり、子供が色々とキズ付いていきます。

無垢の床材は、キズが付いても、めくれることはありません。
へこんでも、下地材が出てくることもありません。

↑↑↑実際のフローリングの断面↑↑↑

 

↑↑↑無垢床の断面↑↑↑

 

古くなった時にどちらが見た目が良いか?

 

長い年月で考えれば、無垢の床材の方が断然良いです。
ペットを飼われている方、これから飼う予定がある方は、絶対、無垢の床材です。

家は何十年も住んでいきます。
床は、簡単には張替えできません。

また、古くなった時、どちらが“味”や“風情”があるでしょうか?

これから家を建てられる方は、最低でもリビングくらいは無垢の床材をオススメします!

 

↓↓↓家づくりで気になる事をご質問ください!!↓↓↓

https://peing.net/ja/kosodate_sekkei

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求