ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

家づくりについての
ご質問をお寄せください。

家づくりはわからないことの連続。初めての体験ですから当然です。
そこで、これまでにお客様からいただいたご質問とその回答を共有すれば、
同じ悩みや疑問を持つ方の不安の解消につながるのではないかと考えました。

ここに載っていない質問については、ぜひ下記のフォームからお寄せください。
これから家づくりを始められる方々のお役に立てればうれしいです。

Q
Q値とはなんでしょうか?また、UA値とはなんでしょうか?Q値とUA値の違いも教えて下さい。
断熱・気密について
2018/03/09
|  

単純に言いますとQ値もU値も建物全体の断熱性能を表す数値です。数値が少ないほど断熱性能が高いです。国が定める省エネ基準では、Q値=2.7を推奨しています(群馬県で省エネ等級4の場合)。国が定める基準ではUA=0.87を推奨しています(群馬県で省エネ等級4の場合)。ただ、Q値に比べUA値は建物形状の受けにくく、換気による熱損失も考慮されず、同じ床面積・UA値であっても冷暖房費に差が出るなどの問題もあります。建物の正確な数値を表すとしたらUA値ではなくQ値です。また、Q値を使って、室内全体の冷暖房計算が出来ますので、便利な数値と言えます。

Q
気密が低い家のデメリットを教えてください。気密が低ければと換気が良くなって、逆に良いのではないでしょうか?
断熱・気密について
2018/03/09
|  

低気密のまま換気をしても、室内で発生した匂いや冷暖房器具で汚染された空気は入れ替わりません。一部の空気は入れ替わりますが、全体の空気は入れ替わりません。湿気も逃げづらくなりますので、結露も起こりやすくなります。また、低気密の家では暖房するほどに寒くなります。その理由は、暖めた空気がどんどんと隙間から逃げていき、逃げてしまった空気を補うように寒い空気が入ってくるからです。低気密の家は換気しているのではなく、漏気しているのです。

Q
地盤補強工事にも色々な種類があると聞きました。どのような種類の工事があるのでしょうか?また、それぞれのメリット・デメリットも教えてください。
構造について
2018/03/09
|  

地盤補強工事には4つの工法があります。表層改良・柱状改良・既成杭・鋼管杭です。表層改良は、地盤面から2m以内に良好な地盤がある場合に行われます。メリットは、施工が簡単な事です。デメリットは、コストが高い事です。あまり住宅では行いません。柱状改良は、地盤面から8m以内に良好な地盤はある場合に行われます。メリットは、コストが安い事と杭1本あたりの支持力が大きい事です。デメリットは、傾斜している土地や近くに建物や構造物がある場合には危険性が高い工法です。また、腐植土や六価クロムが溶出する地盤では不適合になります。住宅で一番使われている工法です。既成杭は、コンクリート杭や木杭を使います。地盤面から12m以内に良好な地盤がある場合に行われます。メッリトは、腐植土にも対応出来る事、六価クロムが出ない事、近くに建物が建っていても大丈夫な事です。デメリットは、コストが高い事です。鋼管杭は、地盤面から25m以内に良好な地盤がある場合に行われます。メリットは、腐植土にも対応出来る事、六価クロムが出ない事、傾斜地にも適用出来る事、液状化対策にもなる事です。デメリットは、コストが高い事、施工管理がシビアな事です。

Q
土地を買う場合、高くて便利な場所が良いのか?安くて不便な場所が良いのか?どちらが良いと思いますか?
お金について
2018/03/09
|  

経済合理性から考えますと、高くて便利な場所が良いです。売却しやすいですし、資産価値も高いです。銀行ローンも借りやすいです。ただ、この条件が当てはまるのは地方都市では難しいと考えます。また、便利な場所は人も集まりますので、様々な問題もあります。例えば、土日に人が集まってきますので、せっかくの休日がゆっくり休めないかも知れません。資産価値が高いので、固定資産税も高くなります。だからと言って、あまりにも不便な場所も考えものですが。

Q
適正な工期ってありますか?物凄く早い会社もあれば、遅い会社もあります。遅い方が丁寧なのかな?と思いますが、如何でしょうか?
その他
2018/03/09
|  

工期を決める際の条件として、建物の大きさ・仕上げ方法・職人の腕・工事管理によって大きく変わります。例えば、通常大きな家は工期は掛かります。ただ、大工さんを沢山入れて、朝から夜まで休みなく働いて貰えば早く終える事も出来ます。しかし、細かいところまで気配りをすることは難しいと思います。床の材料がフローリングと無垢の木でも施工にかかる時間が違います。外壁にサイディングを張るのと、塗り壁や木板を使う場合も違います。大工さんが毎日来ている現場と、毎日来ていない現場でも違います。その大工さんが初心者とベテランではスピードも違います。要するに、適正工期は条件よって変わってしまうのです。長ければ良い分けでもありませんし、短ければ良い分けでもありません。

Q
土地探しから家づくりを行う場合、どちらを先に決めれば良いのでしょうか?土地がなければ家は建たないので、やはり土地でしょうか?
その他
2018/03/09
|  

どちらが正解と言うことはありません。どちらでも良いと思います。ただ、どちらにしても資金計画を行う事が重要だと考ます。

Q
木材・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の家の重さを教えてください。また、重い方が良いのでしょうか?軽い方が良いのでしょうか?
仕様について
2018/03/09
|  

35坪総2階建の家と仮定しますと、在来木造30トン・鉄骨造40トン・鉄筋コンクリート造150トン位です。当然ですが、建物の仕様により重量は変わります。地盤が悪い場合は、重量が重いと沈下しやすくなりますので不利になります。また、重さに耐える基礎が必要になりますのでコストもかかります。そう考えると、鉄筋コンクリート造の家が高額になってしまう理由も分かりますね。

Q
耐震等級1・耐震等級2・耐震等級3の違いを教えてください。また、耐震等級3相当という意味も教えてください。家を建てるなら、やはり耐震等級3でしょうか?
仕様について
2018/03/09
|  

国の規定ですと、耐震等級1は数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対して倒壊や損壊はしない家・耐震等級2等級1で規定される1.25倍の地震が来ても耐えられる家・等級3は等級1で規定される1.5倍の地震が来ても耐えられる家と規定されています。こう書いてあると耐震等級1でも問題はないように考えますし、建てられている家の多くは耐震等級1です。しかし、2016年4月14日に発生した熊本地震において長期優良住宅(耐震等級2)の家が倒壊してしまいました。当然、建てられている土地の状況にもよりますが、安全を考えたら耐震等級3の方が良いと考えます。

Q
給排水給湯管の耐用年数を教えて下さい。昔の物は錆びてしまっていたので、気になります。
水まわりについて
2018/03/09
|  

現在使われている配管材は架橋ポリエチレン管が主です。架橋ポリエチレン管は金属ではありませんので錆びることはありません。また、耐食性・耐塩素性・耐寒性・耐熱性・電気絶縁性に優れています。また、昔の配管と一番違うのは、配管同士の接手がないことです。配管同士の接手がありませんので、漏水の危険性が少なくなります。耐用年数は使用温度によって違いますが、おおむね30年程度と言われています。配管の取替も簡単です。

Q
気密シートは張った方が良いのでしょうか?また、気密シートを張る理由を教えてください。
断熱・気密について
2018/03/09
|  

建物気密性を上げる為には、3つの方法があります。1つ目は建物の外側で上げる方法、2つ目は断熱材で上げる方法・3つ目は室内で上げる方法です。気密シートを張るのは、3つ目の方法です。この方法のメリットは、簡単に施工が出来る事です。施工コストも安く出来ます。更に、壁の中に湿気が入る事を防ぎます(壁体内結露の防止)。

質問フォーム

入力内容をご確認の上間違いがなければ送信ボタンを押して下さい。

お名前(ニックネーム可)必須
ご質問内容必須

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求