ホーム > 保証制度 > 定期点検

保証制度

JIO10年保証

国土交通大臣認定
JIO10年保証
(標準保証)

当社は国土交通大臣認定のJIO(日本住宅検査保証機構)の
「JIOわが家の保険(瑕疵担保責任保険)」に加入しています。

「JIOわが家の保険(瑕疵担保責任保険)」とは

JIO(日本住宅検査保証機構)が提供する住宅瑕疵担保履行法に基づく新築住宅の保険です。保険期間中に床の傾斜や雨漏り等、保険の対象となる不具合(瑕疵)が発生した場合、住宅事業者が補修するためにかかる費用を、保険金として住宅事業者に支払う制度です。

POINT01

住宅事業者(当社)が加入者です。

この保険は、住宅事業者(当社)が万が一の不具合に備えて、個々の新築住宅ごとに加入する保険です。お客様から直接お申し込みいただく必要はありません。

POINT02

建築士の資格を持つ第三者による検査

建築中に第三者であるJIOによる瑕疵保険の設計施工基準に基づく検査があるため、より一層安心です。

POINT03

保険金は住宅事業者へ支払われます。

補修費用を保険金でまかなえるので、万が一、不具合が発生した場合でもスムーズに補修工事が行えます。

POINT04

当社が倒産したときも、安心です。

万が一、当社が倒産したとしても、お客様が直接JIOに保険金を請求することができますので、ご安心ください。

POINT05

安心の保険内容

直接の補修工事の費用以外にも、補修工事中の仮住まい費用や、補修の範囲や方法を調査する費用も対象となります。

厳しいチェック体制

保険の加入にあたっては建築士の資格を持ったJIOの検査員が、構造耐力上主要な部分について検査を行います。

地盤調査

地盤に適合した基礎の仕様を提案するために、最初にすべての現場の地盤調査を実施します。建築後に不同沈下などの重大瑕疵が発生しないような基礎仕様を「基礎仕様計画書」として報告・提案します。

配筋調査

建物をしっかり支える為に必要な足元の基礎。それほど大事なものにも関わらず施工精度・品質にバラつきが出やすく均質な施工が難しいのが実態です。コンクリートで固めると見えなくなってしまう鉄筋の太さや配置が図面通りに組まれているのか?セメントを流し込む前にJIOの検査員がきちんとチェックします。

構造検査

一連の検査の中でも特に重要な、主要構造体の検査は「主任検査員」というJIO専属の一級建築士が厳しい目でチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか?横揺れを防ぐ筋交いは図面通りに配置され適正に取り付けられているか?木材の水分は25%以下になっているか?など一般の方が見極めることの出来ない細かな部分までしっかり検査します。

保険の対象となる
新築住宅の部分

保険の対象となるのは住宅品質確保法に定められた、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分です。具体的には柱や基礎等、不具合があると住宅の強度が低下してしまう部分や、屋根や外壁等きちんと防水処理をしていないと雨水が浸入してしまう部分です。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求