facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > 前橋市にて基礎完成!基礎工事から家づくりの本質を考える。
施工現場から
 | 2021.10.07

前橋市にて基礎完成!基礎工事から家づくりの本質を考える。

こんにちは! 平石です。

前橋市にて、基礎工事が完成した現場があります。

基礎はコンクリートを流し込んでしまうと、どこも同じ基礎に見えてしまいます。
しかし、実際は建築会社によってかなりの違いがあります。

因みに、コンクリートを流し込む前の鉄筋はこのように密に組み込んでいます。

は見えるところも大切ですが、見えなくなる所はもっと大切だと考えます。

後で手直しする事ができませんので・・・

また、ただ単に鉄筋の量を増やせば、頑丈な基礎ができるというものでもありません。
荷重がかかる所への配慮(事前の構造設計)から始まり、コンクリートの強度(硬さ)、鉄筋の組み方(施工)まで、全て含めて丈夫な基礎となります。

 

これは基礎に限った話ではありません。

何か良い物を使えば性能が上がる・・・
空調設計などでも、同じ様な事が起きる事もあるのです。

断熱材を良い物のすれば・・・
床下エアコンを付ければ・・・
窓を良い物に変えれば・・・

という声を聞く事があります。
これは、間違いでもありませんが、合っているともいえません。

なぜならば、『何か一つをよくすれば・・・』というのではないのです。

全てをバランスよく組合せて計画・施工する事で、初めてその性能を発揮するのです。
これから家づくりを始める方は、ぜひ、そういう所に注意して家づくりを行って頂けたらと思います。