ホーム > 家づくり動画 > その他 > 「床下エアコン」で失敗した家を解説しました。

家づくり動画

「床下エアコン」で失敗した家を解説しました。

今回は「床下エアコン」について
解説をします。

床下エアコンは、
そんなにメジャーじゃないと思いますが、
当社の見学会に来られる方は
意外に興味を持ってくださいます。

どういうシステムなんですか?とか
本当に温まるのですか?と
ご質問をいただくこともあります。

確かに本当に温まりますが、
単純に床下にエアコンを置いて
温めたらいいというものではありません。

実際に聞いた話では、
床下エアコンを見よう見まねで
施工した住宅会社さんが、
全く温まらずにクレームを受けた
という話を聞いたことがあります。

その辺りを理屈で解説します。
以下の断面図を見てください。

床下に暖かい空気を吹き出して、
それを家の中に入れます。
床を温めながら家の中を温めるという
ものすごく理にかなっている方法です。

暖かい空気は上に上がるので、
家の中の一番下の位置に置いて
温風を家の中に入れていく
ものすごく良いシステムです。

以下の画像は
基礎を上から見た図です。

基礎にはいろんな壁があります。
専門用語で「立上り」と言いますが、
必ず矢印のように区画をされています。

床下エアコンを置くと
暖かい空気が床下から出ます。

その時に暖かい空気が家の中に
よく回るように基礎の立ち上がりを
うまく配置をするとか、
どこにエアコンを置けば
暖かい空気が回りやすのかを
考えてやらないと回りません。

失敗された住宅会社さんは
おそらくこういった計算をしなかったので、
暖かい空気が止まったり部屋の奥まで
届かなかったりしたのでしょう。

またエアコンを置いた位置がそもそも悪くて
全く熱が回らないなどと推測されます。

このように床下エアコンというのは
ただ単に床下において温風を流せばいい
というそんな単純な理屈ではありません。

やはり経験と勘所が必要です。

例えば立ち上がりの基礎を抜く場合は
基礎の下に補強を入れないとダメです。

それを「人通口」と言いますが、
別動画「弱いベタ基礎の作り方」で
詳しく解説しています。
それも合わせて見ていただけると
よりわかりやすいと思います。

関連動画

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5