ホーム > ブログ > 家づくり > 外壁には塗り壁もオススメ!ジョリパットを施工しました。

ブログ

2019/10/28

外壁には塗り壁もオススメ!ジョリパットを施工しました。

こんにちは! 平石です。

先日から、外壁の仕上げ工事に入った現場があります。
この現場の外壁は、杉板とガルバリウム鋼板をメインで採用していますが、玄関ポーチまわりはちょっとアクセントを。

左官屋さんが仕上げている様子です。

玄関ポーチの壁は、塗り壁です。

この塗り壁は『ジョリパット』です。
色々な模様を手作業で作っていきます。

今回の模様は「ワイルドランダム仕上げ」
左官屋さんが、鏝で模様を付けて塗っていきます。

 

塗り壁も、耐久性は高い外壁となります。
ジョリパットは、他の塗り壁と比べ、“ヒビ”が入りにくいメリットがあります。

欠点としては、顔料をまぜているので古くなると色褪せすること。
ただ、見栄えの問題で、外壁の性能が落ちるわけではありません。

塗り壁の最大の敵は『ひび割れ』。

地震などの揺れにより割れてしまう事もありますが、
ジョリパットの様に微弾性の物を使う事で、ひび割れは緩和されます。

 

また、ひび割れは塗り壁の下地により、大きく入ってしまう事もあるので注意が必要です。

特にパネル材を下地にした場合。
(専用のパネル材を張り付け、その上に直接、ジョリパットなどを塗る工法があります。)

 

この工法は、パネルの上に仕上げ塗りを行うだけで良いので、工期の短縮ができます。
しかし、パネル材のジョイント部分でヒビが入りやすい欠点があるので注意が必要です。
(特に横のジョイント部分)

 

当社は、塗り壁の下地も左官屋さんにモルタルで作ってもらいます。
しかし、モルタルで行う事には、工期がたくさんかかるというデメリットがあります。

 

何事にも一長一短はあります。
また、考え方の違いでどちらが良いというのも変わっってしまう事もあるでしょう。

しかし、その選び方が住まわれるお客様のメリットになる事ではなく、建築会社都合の選定基準ですと・・・
そういった事も考え、信用できる建築会社・自分たちに合った建築会社を探していく事が大切ですね。

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5