ホーム > ブログ > 家づくり > 敷地に古いブロック塀がある場合はご注意を!

ブログ

2019/06/18

敷地に古いブロック塀がある場合はご注意を!

こんにちは!平石です。

今回は、ブロック塀の話をしていきます。

土地を購入し家づくりを行う・建て替えを行うという場合、古いブロック塀に注意してください。
(道路に面して古いブロック塀がある場合です。)

以前、地震で倒れたブロック塀によって、小学生の女の子が亡くなられた悲しい出来事がありました。
古いブロック塀は、キチンとした施工基準を守られ工事されている場合も多いです。

その事故から、国をはじめ各都道府県や市町村で、ブロック塀の点検をするように所有者にアナウンスがされておりました。

 

 

太田近辺で今までは、ブロック塀に対して安全の処置をしなくても、家づくりに影響を与える事はありませんでした。
しかし今では、行政区によってはブロック塀の安全処置をしないと、建築の許可を出さなかったり、検査に合格できないとしている所も出てきています。

つまり、家を建てようとしている土地に古いブロック塀がある場合、
何らかの補強を行ったり・撤去しなければいけない事があるのです。

 

上の画像の通り、1.2m以上の高さがあるブロック塀には、3.4m以内ごとに控え壁をつけるという基準があります。
こういった基準に準じていないブロック塀はそのままでは、ダメという事です。
(もっとも、昔の工事なので鉄筋などもキチンと施工されているかもわかりませんが・・・)

この辺りをしっかり押さえておかないと、工事はスタートしたが役所の完了検査で引っかかり、余計な費用がかかるようになってしまったりします。

古いブロック塀がある敷地で家を建てる場合は、注意してください。

 

当社で今行っている塀工事は・・・

 

当社では、ブロック塀を高く積み上げる工事は勧めていません。

その理由は、「高いブロック塀が死角となり、防犯面で良くない。」
・「古くなったブロックはきれいではない」などです。

 

最近の提案で多いのが、ウッドフェンスです。

このようなウッドフェンスであれば、風通しも良く、死角もできにくく防犯的にも安心です。
長く持たせたければ、「セランガンバツ」などのハードウッドを使えば10年以上経っても痛まないです。
ただ、ハードウッドは金額的に高いのが難点。

料金を考えると、「スギ」や「ヒノキ」を使う事がオススメですが、定期的なメンテナンスが必要です。
しかし、メンテナンスと言っても、数年ごとに塗料を塗ってもらうくらいです。

痛んでも、その部分を交換できるというのもメリットの一つですね!
(写真の木材は、スギです。クレオトップという塗料で仕上げています。)

 

ウッドフェンスまで行かない場合は、ネットフェンスがオススメ。
よく見かける縦格子フェンスよりは、見通しもよくスッキリ見えます。

 

つくっている家のデザインにもよるかと思いますが、当社の外観デザインには合います。

フェンスなどエクステリア全般で言えますが、メインとなる家にあう外構工事。
これはとても大切です。

大げさに話をすると、「純和風の家に洋風の庭」は一般的にはおかしいですよね?
家を庭に一貫性を持たせることで、よりよく見えるものなのです。

ぜひ、そういった事も考え、外構工事も考えて見てくださいね!

 

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5