ホーム > ブログ > 家づくり > フロアーは無垢床。では階段材は?

ブログ

2019/08/26

フロアーは無垢床。では階段材は?

こんばんは! 平石です。

当社では、フロアー(床材)は、杉・パイン・アカシアをよく使います。
たまににヒノキやホワイトバーチなども使いますが。

無垢床が標準仕様です。

 

過去には、既製品のフロアー材を標準仕様として選定しておりましたが、
点検やアフターメンテで目にするのは、紫外線で表面が剥がれてしまったり、色褪せてしまったフロアーの状態でした。

 

そうです。
既製品のフロアー材は10年もすると(早ければそれよりも前)、傷んでしまうのです・・・

それを考えると、無垢のフロアーの方が間違いなくきれいですし安心です。

“フローリング”ではなく“無垢床”を選ぼう!

階段材も同じ。
表面に薄い化粧板を張った階段では、表面が傷みやすい・・・
また、見た目も無垢床には合いません。

ですから当社では、白木の床材を選定した場合はパインの階段。
アカシアなどの色が付いた床材を選定した場合はタモの階段としています。

今回の現場も、床材が“アカシア”の為、“タモ”の階段となります。

“タモ”の階段材が現場に入りました!

アカシアの床材をはるとこんな感じです。↓↓↓

 

タモの階段はどんな感じになるのか??

気になる方もいらっしゃるかと思いますので、完成しましたら写真をアップ致しますね!

ちなみに、パインの階段の場合はこんな感じです。

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5