ホーム > ブログ > 子育て設計 > 高気密高断熱にすると夏は暑くなってしまうのか?

ブログ

2020/05/15

高気密高断熱にすると夏は暑くなってしまうのか?

高気密高断熱と聞くと、「冬は暖かいかも知れませんが、夏は暑いのでは?」と考える方がいます。

これは消費者の方だけでなく、住宅会社の方でも、そのように考えている方もいます。

確かに、高気密高断熱だけでは、夏に暑い家になってしまう可能性もあります。

しかし、夏に暑くなってしまう理屈が解っていれば、高気密高断熱にした方が涼しくなります。

それが解らずに、遮熱シートを貼る事で解決しようとする住宅会社もありますが、あまり効果は期待できません。

これは実験でも証明されています。

 

写真は、佐野市で工事中の現場ですが、室内に入った瞬間に「冷房しているのかな?」と感じるくらい涼しくなっています。

1階だけでなく、暑くなりがちな2階も涼しくなっています。

 

本当に住み心地が良い家づくりは、正しい知識と経験がなければ出来上がりません。

経験が長ければ良い家が出来上がる訳でもありませんし、かえって、長い経験が邪魔をしている場合もあります。

同じような家をつくり続けていると、時代の変化から取り残されてしまう場合もあります。

続けて事も大事ですが、続けない事も大事です。

くれぐれもお気を付け下さい。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5