ホーム > ブログ > メンテナンス情報 > 点検でシロアリ消毒の相談を・・・“シロアリが心配な方”は必ず見て下さい!

ブログ

2019/03/21

点検でシロアリ消毒の相談を・・・“シロアリが心配な方”は必ず見て下さい!

こんばんは!平石です。

今週も定期点検ラッシュ。
毎日、OBのお客様の所に伺っております。

そこで今回は、昨日に10年点検をされたお客様の話をさせて頂きます。

今回10年点検を受けられたM様は、引渡しから14年目。
(10年点検のタイミングで、諸事情で点検を遅らせて欲しいと相談を受けておりました。)

14年経っているのに、ベランダ防水の保護塗料などは劣化なしで、かなり良い状況でした。

 

点検中、お客様から質問が・・・

「シロアリ消毒はした方が良いでしょうか?」

シロアリ消毒もよいのですが、私的には別に気になる事が・・・
気になさる優先順位を間違えているようでした。

 

この家を建てた当時は、『基礎パッキング工法』が主流。
基礎のコンクリートと土台(木)の間にパッキン材を挟むことで、床下の換気を効率よく図る工法。
そして、その工法を採用し、施工要領に準じた工事を行うことで“シロアリの保証”を付けていました。

 

この工法は床下をしっかり換気し、シロアリが入りにくい状況を作っています。

 

しかし・・・
このお家の周りには、たくさんのラベンダーが生えていて、点検するスペースがない
床下の換気もしにくい状況だったのです。ハッキリいってこれはよくありません。

どう考えても
しろあり消毒をする前に、まずは、「家の周りを片付け、床下の換気の妨げないようにする」
こちらの方が優先順位が高いのです。

別のお宅でも、木材が家に立てかけてあったり、通気を妨げるように物が置いてある事はたまにあります・・・
床下の換気の事だけでなく、シロアリの侵入経路になるような物は置かないようにしてください。

シロアリ消毒を検討されるのはそのあとですね!

ただ、ここでも注意です。

シロアリ消毒は、5年で効果はなくなってしまいます。

一度、塗布すればずっと効果があると思っている人もいますが、5年で効果が薄れていきます。
(保証も5年間です。)

シロアリ消毒は農薬系ですが、日本では体への影響が配慮されており、強い消毒はできないのです。
そこは、勘違いなさらないでください。

現在当社で行っている、ホウ酸処理は半永久的に効果がありますので、その辺は安心ですね!

 

ホウ酸処理はコチラ

 

但し、ホウ酸処理も後から散布する場合、塗る事ができない場所もできてしまいます。
壁の中の柱などです。
ですから、今から家を建てる方は、最初にホウ酸処理をすることをお勧めします。

あとから、「最初にホウ酸塗っとけばよかった・・・」と後悔のないようにご判断くださいね!

 

 

 

 

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5