ホーム > ブログ > 子育て設計 > 屋根(天井)の断熱は、壁の2倍必要です

ブログ

2019/03/31

屋根(天井)の断熱は、壁の2倍必要です

2階の天井(屋根)の断熱は壁の2倍の性能が必要です。

 

アパートの2階に住んでいる方は夏のエアコンが効かない経験をされたことがあるかと思います。

この最大の原因は天井の断熱が悪いからです。

 

しかし、ほとんどの住宅会社の方はこの理屈さえを知りません。

なので、夏に暑い家しか出来上がりません。

 

夏暑いだけでなく、冬も寒くなります。

特にアパートや建売住宅、ローコスト住宅などでは壁の断熱材の性能が良くありません。

そのような断熱材を天井に使えばさらに効果はありません。

 

更に断熱材と柱の間に隙間があると効果はなくなります。

断熱材と断熱材の間が隙間だらけだと、夏は屋根裏の熱い空気が室内に入ります。

冬は室内の暖かい空気が屋根裏に逃げていきます。

 

因みに世間を騒がせているレオパレスの天井裏には全く断熱材がありません・・・

防火区画も行っていませんでしたが断熱もダメですね。やはり凄いです。

これはホームセンターなどの店舗と同じつくりです。

これなら安く出来ますので工事費で浮いたお金を家賃保証にまわすことも出来ますね!

 

では、天井(屋根)断熱が2倍の性能が必要なのでしょうか?

その理由は屋根面温度と室温の温度差が、壁面と比較して2倍以上になるからなのです。

夏の屋根面温度は70℃位になります。でも壁はそこまで高くはなりません。

 

ただし、先程にも言いましたが、壁の断熱材が悪いと2倍にしても効果はありません。

具体的な数値で言うと、熱抵抗値5以上は最低ラインです。

当社の場合は熱抵抗値6.4なので悪くはありません。
http://www.kosodate-sekkei.co.jp/about/specification/insulation.html

因みに、この位の厚さになります。※厚さだけでなく密度も重要です。

 

どんな断熱材を使っているか?を説明する住宅会社は多いと思います。

例えば、このような説明です。

「当社の断熱材はセルロースファイバーですので調質効果が高いのです!」

「当社の断熱材は発砲ウレタン断熱ですので気密性能が高いのです!」

「当社の断熱材は羊毛断熱材ですので健康に優しいのです!」

何を使うか?も重要ですが、どの数値の断熱材をどのように施工するのか?は更に重要です。

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5