ホーム > ブログ > 家づくり > 玄関の床には『墨モルタル』。古くなっても味が出る材料を!

ブログ

2019/06/07

玄関の床には『墨モルタル』。古くなっても味が出る材料を!

こんばんは! 平石です。

今回は、玄関ポーチについて書いていきます。

皆さんは、玄関ポーチの仕上りってどんなものを想像しますか?
ほとんどの人が、『タイル』をイメージすると思います。

 

しかし当社では、『墨モルタル』で仕上げています。
墨モルタルは、こんな感じです!

普通のモルタルですと色は薄いグレー(コンクリートの色)ですが黒い色。

この雰囲気、タイルには出す事のできない風合いです。

特に当社では、外壁にガルバ・杉板などを採用しています。
ガルバや杉板にはタイルよりも、墨モルタルの風合いの方が似合います。

タイルも悪い訳では無いのですが、「家全体で見たときにどちらが合うのか?」ですね。

 

墨モルタルの特徴は?

墨モルタルの特徴に、「ヒビが入る」という事があります。
これは、墨モルタルにだけに限らず、コンクリートやモルタルなどは必ず割れます。

また、色ムラが出たりもします。

しかし、それが古くなってもよい風合いとなります。
タイルなどでも、剥がれたり、欠けたりは起こりますので・・・

杉板とガルバの外壁に、墨モルタルのポーチ。
とても良い組合せです。

材料には、それぞれ長所や短所もありますが、古くなっても良い雰囲気の物、味が出るものはオススメですね!

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5