ホーム > ブログ > 家づくり > 色々な間取りと見積もりを比較しても意味がない理由。

ブログ

2019/08/01

色々な間取りと見積もりを比較しても意味がない理由。

こんにちは、子育て設計の 小暮 です。

色々な住宅会社を回り、無料の間取り作成と見積もりを取得する方も多いと思います。

住宅会社が勧めてくるケースも多いですね。

無料で間取りを書きますよ!と言ったセールスです。

しかし、これは次回のアポイントが取るためにセールストークなので、間取りを書くと言っても、過去の間取りをコピーして用意する位なので、あまり期待しないようにしましょう(笑)

最近では無料の間取り作成及び見積もり取得を代行してくれるサービスもあるようです。

以前に相談に来られた方がそのようなコンサルタントを検討されていました。

そのコンサルタント会社は皆さんの代わりに住宅会社に間取りと見積もりを依頼してくれるそうです。

更に、その間取りと見積もりを比較してどの住宅会社が良いのか?をアドバイスしてくれるそうです。
第3者であるプロ(だと思われる)方が消費者に変わって住宅会社を選別し、判断までしてくれるのは安心だと考えるかも知れません。

しかし、この選定方法が正しく成り立つ条件があります。

 

その条件をあげてみます。

1.間取りや見積もりを依頼する住宅会社のレベル差を揃えること。

使用している材料や施工能力等も同じでないと正確な比較は出来ません

2.判定する第3社の方が、家づくりに対しての知識力等があること。

構造・温熱計算・空調設計・間取計画・材料の耐久性などなどの知識があるのは基本です。

3.依頼する方(消費者)の要望が明確であること。

間取り・導線・住み心地・耐震・金額等の要望を伝え、住宅会社に伝える必要があります。

 

取りあえず3つ上げましたが、当たり前と言えば当たり前だと思います。

しかし、意外に難しいと思いませんか?

 

消費者の方が色々な住宅会社を回り、間取りと見積書をもらって比較するとしたら、何を基準にしますか?

恐らくですが、間取りが好みだとか、収納の数が多いとか、装備が良いとか、金額が安いとか、そういった解りやすい表面的な部分で判断するしかありません。

しかし、住み心地・耐震性・耐久性・ランニングコスト・メンテナンスコスト・ゲリラ豪雨等の自然災害については、あまり気にならないでしょうか?

もしかしたら「住宅会社の方はプロなんだから、それは当たり前でしょう?」と思われているのかも知れません。

そう思いたい気持ちは解りますが、そうであれば、こんな事は行われないはずなのです。

https://www.kosodate-sekkei.co.jp/staff_blog/%e9%9b%a8%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e6%89%93%e8%a8%ad%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%8b%e3%82%89%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%8b/

 

その為には、面倒くさがらないでキチンとした勉強をするしかありません。

でも、皆さん勉強するのは面倒臭いのだと思います。

そうなると仕方がないですよね・・・

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5