ホーム > ブログ > 家づくり > 下田島モデルハウスで除湿実験~ジメジメを簡単に除去する方法。

ブログ

2019/07/26

下田島モデルハウスで除湿実験~ジメジメを簡単に除去する方法。

「下田島モデルハウスで除湿実験しました」

安く簡単に除湿出来ないかな?と考え、下田島モデルハウスに除湿機をセットしました。
除湿機の設定湿度は50%。
とりあえず24時間使いましたが、見事に湿度が下がりますね(当たり前)。
気になる電気代は24時間120円なので、月に換算したら3600円位ですね。
後は、これを安いと考えるかどうか…

因みに、エアコンは25℃設定で24時間回しています。

冷房に使用するエアコンは、普通の壁掛けエアコンです。10万円もしません。

※エアコンの隣にある機械は、実験用の機械です。

何の実験?は内緒です。気になる方はモデルハウスに来られた際に質問してください。

換気方法は第3種換気なので、外から多少の湿気は入ってきます。
エアコンの電気代は、回しっぱなしで月に5000円位です。
そう考えると、除湿はコストが掛かりますね。
でも、除湿器だと洗濯物の除湿にも使えるので一家に一台あっても良いと思います。
私の家でも使っています。
来年~標準仕様になっていたりして(秘)
因みに、除湿能力は木造住宅だと15坪用と書かれてありますが、高気密住宅であれば鉄筋コンクリートと同じで30坪まで大丈夫だと思います。

そう考えると、気密が低い家は湿気除去も難しい事が解ります。

高気密住宅と言うと、未だに「窒息してしまう」とか「湿気が充満する」などと言う方が居ますが(住宅業界にもいます)、全くおかしな理屈です。
低気密住宅の方が湿気が抜けませんので、充満します。
超超低気密住宅なら別ですが、その代わり、物凄く寒くて暑くなりますけどね。
追伸
下田島モデルハウスでは、小さなエアコン一台で室内中が快適な空間を体感出来ます。
間違いなく家づくりの考え方が変わります。
体感後に大手ハウスメーカーさんのモデルハウスに行って頂けると、より解りやすいです(笑)
関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5