ホーム > ブログ > 家づくり > エアコンを付けっぱなしの方が安いのか?それとも、付けたり消したりした方が安いのか?

ブログ

2019/08/25

エアコンを付けっぱなしの方が安いのか?それとも、付けたり消したりした方が安いのか?

「エアコンを付けっぱなしの方が安いのか?それとも、付けたり消したりした方が安いのか?」

このような記事は毎年夏になると掲載されます。

しかし、この記事で一番欠けているのは、どのような性能の家で実験をされたのか?が全く書いてありません。

当然ですが、家の性能によって電気代(ランニングコスト)は変わります。

断熱性能・気密性能・窓の性能と付け方・日射遮蔽・建物の配置によりランニングコストは変わります。

基本的な良い事も書いてあるのですが、もう少し突っ込んで書いていただけると日本の住宅も変わるかも知れませんね。

因みに、当社のお客さんの家で測定すると、アパートの倍以上の床面積になったにも関わらず、アパートよりも安い方もいます。

先日にお聞きした33坪4人家族の家では、電気代が13000円(オール電化・全ての電気代)で24時間冷房されていると聞きました。

だからと言って、全ての人がそうなるとは言えません。

なぜならば、住まわれる人により暑さ寒さの感覚が違いますので。

しかし、今のところアパートよりも大幅に増えてたと言う方はいらっしゃいません。

ランニングコストは一生に渡ってかかり続けます。
また、毎年2~3%ずつ値上げされています。

性能のよろしくない家に大きな太陽光を載せて、ランニングコストを削減する方法もありますが、それでは本末転倒です。

何故ならば、その方法でもランニングコストだけは削減出来ますが、住み心地が良くなるわけではないからです。

断熱・気密等の悪い家を、機械のパワーで空調しますので、物凄く不快になります。

特に夏の底冷えや冬の過乾燥はひどくなります。

社名は出せませんが、某ハウスメーカーの全館空調のモデルハウスを体感し、不快感を覚える方は多いようです。

因みに、冬の加湿器の電気代だけで1万円もするそうです・・・

くれぐれもお気を付けください。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00198799-bizspa-life&p=1

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5