ホーム > ブログ > 家づくり > 軒ゼロ住宅の怖さ・・・partⅡ

ブログ

2019/09/17

軒ゼロ住宅の怖さ・・・partⅡ

前回に引き続き軒ゼロ住宅について書きます。

軒ゼロ住宅は雨漏りしやすい事と外壁が傷みやすい事を指摘しました

そう考えると、もし軒ゼロ住宅を作るとしたら暴風雨時でも雨漏りしないような施工をしなければなりません。

ゲリラ豪雨が増えていますからね・・・

雨漏り対策を行う場合、コーキングのような材料を多用するのは危険です。

コーキングは便利な材料ですが、耐久性は高くはありません。

安い物だと10年も持ちませんし、高い物でも20年は持ちません。

しかし軒ゼロ住宅を作っている住宅会社ではコーキングを多用しているケースが多いのです。

なかなか難しいとは思いますが、なるべくコーキングを使用しない防水対策をしましょう。

 

また、軒ゼロ住宅は外壁が傷みやすいので、耐久性の高い外壁にする必要があります。

耐久性の高い外壁と言えば、タイルとかでしょうか?

しかし、タイルはコストも高いですし、重量がかさむので耐震的に不利になるのでオススメしません。

 

でが、サイディングはどうなのか?と言うと、こちらは耐久性が高い外壁材とは言えません。

一般的にサイディングは15年程度で表面保護塗装の塗替えが必要になります。

しかし軒ゼロ住宅だと紫外線に当てられまくりますので余計に劣化が早くなるかも知れません。

塗替えには、足場も組まなければならなくなり、100万円以上の出費となります。

これが10年~15年間隔で掛かると考えたら、嫌になりませんか?

またサイディングもコーキングを使用している物が多いので、紫外線が沢山当たるような軒ゼロ住宅だと切れやすくなります。

また、釘を使ってサイディングを止めている商品はヒビが入りやすくなります。

釘を使ったサイディングは、殆どの建売住宅で使用されていると思います。

釘を打ち付けた部分は、地震等の揺れが起こるとヒビが入りやすくなります。

10年位経った建売住宅のサイディングを見るとヒビが入っているケースが多いですね。

 

では塗り壁はどうか?というと、濡れっぱなし塗り壁はコケが生えやすくなります。

この写真は建ててから7年位でコケが生えてしまった軒ゼロ住宅です。

使用している塗り壁材にも問題があると感じますが、軒ゼロ住宅はこのようにな危険性が高いのも事実です。

特にローコスト住宅の塗り壁は、コストを削減する傾向が高いので、お気を付けください。

 

いずれにしても軒ゼロ住宅を作るのであれば材料の選定も考えないとマズイとも言えます。

次回で軒ゼロ住宅の最大の欠点を書きます。

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5