ホーム > ブログ > 子育て設計 > エコキュートの故障から、メンテンテナンスコストを再確認。

ブログ

2020/01/05

エコキュートの故障から、メンテンテナンスコストを再確認。

あけましておめでとうございます。

平石です。
今年の営業日は明日からですが、例年通り一足早く出社して仕事を開始しております。

早速ですが、年末にエコキュートが故障してしまったOB様宅がありました。(14年位前にお引渡し)
まだ、連休前に対応できたので、そこは良かったのですが・・・

 

メーカーに修理対応の申し込みをしてみると、修理には何十万もかかるとの事。
もう14年も使っているエコキュート・・・
そこを考えると、新品交換した方が良いという結論になり、新型のエコキュートに交換する工事を行いました。

電化製品は10年位で壊れる

100%壊れると断言はできませんが、電化製品はどこかのタイミングで壊れます。
それは、使い方・使用頻度によっても変わりますし、製品の“当たり外れ”もあると思います。

今の家はたくさんの家電製品を使っています。
洗濯機・冷蔵庫・炊飯器etc.
電化製品は、家を新築するタイミングで新しく買いそろえる事が多いです。

エコキュートやIHなどの設備機器だけでなく、電化製品も10数年経った時に“壊れて買い替える場合もある事”を考えておかなければなりません。
また、家の外壁のメンテナンスもタイミング的に重なる可能性だってあります。

また、今は全館空調のブームです。

たくさんのエアコンを使わないと冷暖房できない家・特殊な冷暖房システムの家というのは、壊れたときに大変なコストとなる事でしょう。

私の自宅も築8年。
“メンテンテナンスコストがかからない家づくり”について、つくづく考えてしまった出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

関連の施工事例
関連の施工事例はまだありません。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5