ホーム > ブログ > 家づくり > 足利の現場で、“杉の床板”を張りました!

ブログ

2020/11/07

足利の現場で、“杉の床板”を張りました!

こんばんは! 平石です。

足利で工事中の2棟の現場ですが、順調に工事が進んでおります。

平屋の方は、床板張りを開始しました。

『杉』の床板です。
当社では、杉・桧・パイン・アカシアなどの床板を多く使います。

その中でも、最近の現場では“杉”を選定される方が多いように感じます。

因みに、今度の深谷で行うオープンハウスも、杉の床板です。

埼玉県深谷市にて2020年最後のオープンハウスを開催します。

無垢の床板は、「キズが付きやすいから嫌」とか「掃除がしにくい」など耳にする事があります。

しかし実際はどうでしょうか?

既製品のフローリングだって傷はつきます。
また、キズが付いた場合は逆に汚く見えてしまいます。

また、無垢板でも硬い木材もあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。↓↓↓

“フローリング”ではなく“無垢床”を選ぼう!

床板は簡単には張替えができません。
長く使う上で、無垢板か?既製品か?どちらが良いかをしっかり検討をして選定してください!!

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5