ホーム > ブログ > 家づくり > 今朝の室温状況です~焼杉の家で測定中。

ブログ

2020/11/13

今朝の室温状況です~焼杉の家で測定中。

今月に深谷市にて開催するオープンハウスの室温状況です。

今週〜お引渡しまで測定を行います。
また、測定中にはお客さんにも室温状況や、このような結果になる理由を説明させて頂きます。
測定は、毎日夜中の12時をスタートし、24時間に渡り測定をします。
外気温・室温・湿度・CO2濃度を測定します。
今朝はかなり冷えましたが、何とか20℃弱で頑張っています(笑)
因みに、まだ暖房はスタートしていませんし、誰も住んでいませんので、内部発熱もありません。
日中の日射取得で室内を暖め、建物の性能によって維持をしている状況です。
しかし、防犯もあるため、ハニカムブラインドは閉めっぱなしにしております。
本来であれば、日中は開けておけば、更に日射取得が促進されます。
そうなると、室温も上昇しますので、朝の6時頃でも室温は20℃を超える状況になります。
恐らくですが、21℃位にはなります。
更に、実際に生活をすれば内部発熱が発生しますので、更に室温は高くなります。
湿度が高いのは、基礎の水分と珪藻土からの水分によるものです。
正しい設計と施工を行えば、快適な家になります。
因みに、設計とは〇〇断熱材を使うとか、トリプルガラスのオール樹脂サッシを使うとかではありません。

そのような材料をどのように組み合わせれば良いのか?です。

料理で言えば、素材が良くても調理が悪ければマズくなるのと同じです。

これが理解出来て居ないと、単に性能の良い材料を組み合わせても、室温状況はそこそこにしかなりません・・・
でも、そんな家が多いように感じます。
当社の家では〇〇断熱材を使い、北海道仕様になっています。
トリプルガラスのオール樹脂サッシを使っていますので、夏涼しくて冬暖かいのです。
〇〇断熱材を使うので、魔法瓶のように暖かくなります。
夏涼しくて冬暖かい理由は、トリプル断熱だからです。
くれぐれも、お気を付けください。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5