ホーム > ブログ > 家づくり > 基礎工事はココに注意。

ブログ

2017/09/19

基礎工事はココに注意。

こんばんは!平石です。

 

今回は基礎工事で注意する事を書いていきます。

 

“ホールダウンアンカー”

 

基礎の立上り部分から飛び出している太い棒状の金物です。

 

柱と基礎を緊結するための金物で、金物を取り付けた写真です。

 

 

柱に取付けを行いますので、設置位置の精度も求められます。

 

ここで注意したい事は、
コンクリートへの埋め込み深さの規定がある事。

 

36cm以上コンクリートに埋込むというルールがあります。

 

しかし・・・
実際に建っているお家を見てみると埋め込みが足りないお家がけっこうあるのです。

 

基礎の断面図をみると、このような断面のお家が多いです。

 

おわかりでしょうか?
この基礎形状ですと、35cmしか埋込み長さがないのです。
この基礎形状の場合、既定の36cm埋め込むためには1回目のベース部分のコンクリートまで埋め込む必要があります。

先にも話をしましたが、設置位置には精度が必要。
そのやり方ですと、うまく位置が合わずずれてしまうリスクが高いです。

もう一つのやり方とすると、埋め込み長さが20cmでOKという専用の金物を使う方法もあります。
(見れば一目でわかる形状をしています。)

『たかだか1~2cmの埋込みなんか大丈夫だよ』という考え?
はたまた、そのようなルールがある事を知らない?

どちらにせよ、その様な建築会社に大切なお家を任せる事は非常に危険です。
なぜならば、他の場所でも・・・

『しっかりとしたお家づくりをしたい』という方。

いまどき、どこの建築会社でも・・・
建築の法律があるから大丈夫じゃ・・・
保険法人の検査があるから・・・

ではなく、

構造見学会に参加してみる
どんな説明をしてくれるのか確認する
工事現場はどうなっているか確認する

など、自分の目で・耳で・感覚で確認してくださいね。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5