ホーム > ブログ >  > 外壁材でおススメの材料は何でしょうか?また、メリット・デメリットも教えてください。

ブログ

2018/03/09

外壁材でおススメの材料は何でしょうか?また、メリット・デメリットも教えてください。

一般的に使われている外壁材として、サイディング・タイル・塗り壁・ガルバリウム鋼板・ALC(塗装仕上)・木の板です。施工コストを考えるとサイディングが一番が、メンテナンスコストが高額になりがちです。また、長期使用による反りの危険性があります。タイルはメンテナンスコストが抑えられますが、高額になります。また、重量増による地震時の危険性が不安です。タイル貼りにするのであれば、木造住宅はおススメしません。塗り壁は、施工方法や製品によって耐久性がマチマチですので、材料選定がポイントです。製品によっては、汚れが付きやすいのとヒビ割れがしやすいので、注意が必要です。デザイン性と味わいは素晴らしいと思います。ガルバリウム鋼板は、軽くて耐久性があります。メンテナンスコストも安く済みます。ただ、見た目に変化をつけづらい(無機質に感じられる)ので好みが分かれます。ALCですが、耐火性はありますが、断熱性はありません。また、見た目に変化がつけづらいのと、仕上塗装をしなければならないためメンテナンスコストがかかります。火災の危険性があるような街中などでは良いかも知れません。最後に木板ですが、材質にもよりますが耐久性が高いです。これは神社やお寺などを見てみれば分かるはずです。商品にもよりますが、耐火性はありませんので街中などでは使えません。メンテナンスコストは比較的安く済みます。いずれにしても、各々の外壁材に長所と短所があります。当社のおススメとしては、ガルバリウム鋼板・木板・塗り壁です。外壁材については、HPにも書かれていますので参照ください。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5