ホーム > ブログ >  > 長期優良住宅の家とは、長期に渡り性能が良い家という認識で間違いありませんか。また、耐久性も高いのでしょうか?

ブログ

2018/03/09

長期優良住宅の家とは、長期に渡り性能が良い家という認識で間違いありませんか。また、耐久性も高いのでしょうか?

長期優良住宅であれば、耐震性・耐久性・維持管理及び更新の容易性・省エネルギー性に富んだ住宅と言えます。また、長期優良住宅を作るメリットとして、住宅ローン控除の拡充・不動産取得税の拡充・登録免許税の優遇・固定資産税の優遇が上げられます。ただ、長期優良住宅の性能は高いのか?と言いますと、それほど高くないと言うのは事実です。耐震等級は2でも大丈夫ですし、断熱性能(Q値)は2.7です。気密性能に関しては規定もありません。この性能では冷暖房の効きは良くないと考えます。造体についても、特段耐久性のある材木を使用しなくても認定はおります。残念ながら、長期に渡り性能が良い家だとは考えづらいと感じます。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5