facebook
instagram
youtube
ホーム > メルマガ登録

Mail Magazine

日本の家は性能が足りません。それも圧倒的に、です。

欧米ではほとんどの国で室内最低温度の基準があり、おおよそ「無暖房で18〜21度」が適温と決められています。
反対に、16度を下回る家は危険家屋と判断されてしまうようです。

ところが、日本ではそのような室内温度の基準がないので、
いまだに冬の室温が一桁・・・のような恐ろしく寒い家がバンバン作られています。

とにかく、断熱・気密性能が低すぎるのです。

私から見れば、日本の家は断熱・気密がスカスカで、無理やりエアコンの温風を吹いているような状態です。
服も着ずに裸にカイロを貼っているようなものです。

その結果・・・頭上は暑いけれど、足元は冷たい。
暖房している部屋は暖かくても、廊下に出ると寒い。
ベッドから出るのが億劫で、朝の家事が嫌になる。
光熱費がかかるので、ひたすら我慢。

これらはすべて家が悪いのです。
はっきり言いますが、立派なハウスメーカーの新築の家でさえそうです。

日本にも一応、「省エネルギー基準」という基準があり、2020年からは義務化がスタートするはずだったのですが、
なんと見送られることになりました。
理由は解りませんが、一説には法律を変えるのが面倒だとか、特定の団体からの圧力があったとも言われています。
欧米よりも30年は遅れたレベルの基準すら規定できない。それが日本の現状なのです。
しかもその「省エネルギー基準」ですら、そもそも断熱基準が低すぎるものであり、気密に至っては規定すらありません。

なぜそうなのか?といえば、これもおかしな話で、気密測定は工事中の実測が必要なので、「役所が判断できない」からです。
また、「施工が難しく面倒くさい」という理由もあります。

大きな声では言えませんが、一部の大きな住宅会社から数値化への根強い反対があるとも聞きます。
これでは誰のための家づくりなのかわかりません。

質の低い住宅を建ててしまうと生涯に渡って住み心地が悪い上に、
光熱費やメンテナンスのコストが何倍もかかってしまいます。

快適で安全な家に住む権利は、すべての人にあります。
これから家づくりを始める方に正しい知識を身につけて欲しいと考え、メルマガを書き続けています。

真剣に本音で書いています。ぜひ読んでみてください。
住宅会社の営業マンさんが知らない、正しい家づくりの知識です。

有限会社子育て世代の家設計室 代表取締役社長 小暮徳行

小暮徳行

有限会社子育て世代の家設計室 代表取締役社長
一級建築士・一級建築施工管理技士・一級土木施工管理技士

昭和42年、群馬県太田市にて生まれる。大学で建築学科を卒業後、海外留学を経て総合建設会社に勤務。平成15年に独立し、有限会社子育て世代の家設計室を設立。以来の建築実績はのべ400棟に迫る。数年前より日本におけるパッシブ住宅の第一人者である松尾和也氏に師事。メルマガ、ブログ、SNS等を通して正しい家づくりに役立つ情報を発信する。

メルマガ登録

登録はメールアドレスだけでOKです。ご不要になればいつでも解除できます。
※メールアドレスが正しく記入されていることをご確認の上、ご登録ください。
※ドメイン指定受信を設定されている方は「kosodate-sekkei.co.jp」を追加設定してください。
特にdocomoのメールアドレスは配信できないケースが増えております。ご注意ください。
※メールアドレス登録後にメールが届かない場合は、「info@kosodate-sekkei.co.jp」までご連絡ください。
※当メールマガジンの内容は当社に帰属し、配信内容の無断転載・改変・再配信等は禁止します