新着情報

社長ブログ
平石ブログ

当社の家づくり

人生100年を支える家を。

住む人を守り、質の良い暮らしを提供する。
人生100年時代を見据えた家をつくります。

自然災害に強い 住み心地が良い 末長く暮らせる家

イベント情報

11月3日〜冬のオープンハウス開催

冬は家の実力が最もわかる季節。小さなエアコン1台で家中が暖かい。

場所 : 下田島モデルハウス

朝晩は日に日に寒くなってきました。まもなく厳しい冬が来ます。太田市の1月の平均最低気温は-2.5℃。2018年には-9℃の日もありました。どんなに寒い日でも小さなエアコン1台で家中暖かい、「下田島モデルハウス」はそんな全館空調の家です。ぜひこの暖かさを体験してください。

見学会情報

【終了しました】

14帖サイズのエアコン1台で、室内を隅々まで暖かく出来る家。

今回は4人家族が住まわれる31坪の家です。31坪と聞くと小さくないの?と感じられるかも知れませんが、そんな事はありません。間取りの工夫をみれば、過不足のない広さを感じられるはずです。エアコン1台で全館空調ですから、住み心地は快適そのもの。夏涼しくて冬暖かい高性能な家をお考えの方はぜひご覧ください。


【次回見学会予告】次回は3月に構造・断熱見学会を予定しています。サーモグラフィーを使った断熱効果の可視体験を実施。他にも限定動画の公開や、セミナーも開催します。詳細が決まり次第お伝えします。事前予約制です。メルマガ登録していただくとより早くご案内できます。

よくあるご質問

Q
おススメのオプション工事はありますか?また、おススメしないオプション工事も教えて下さい。
仕様について
2018/03/09
|  

当社の考えとして、取替が簡単に出来るような物や消耗品にお金を使う事はおススメしておりません。例えば、豪華なキッチン・洗面台・トイレ・機械製品などが当てはまると思います。その反対としては、取替がしづらい物やランニングコスト・メンテナンスコストの削減に寄与する物はおススメしております。断熱・気密・空調・屋根・外壁等が当てはまります。だからと言って、お気に入りのキッチンを設置してはいけないという意味ではありません。優先順位の一例です。

Q
家を建てる時に、やめた方が良い季節はありますか?逆に、最適な季節があったら教えて下さい。
その他
2018/03/09
|  

群馬県の中毛~東毛地域に関して言えば、やめた方が良いという季節は特に無いと考えます。強いて言えば、真夏にコンクリート打設を行う場合は、水分蒸発が激しいので、打設には注意が必要です。また、真冬にコンクリート打設を行う場合は、気温低下によりコンクリートが固まりにくくなりますので、温度補正を行いコンクリート強度を高める必要があります。最適な季節は、暑くもなく寒くもない季節とは言えますね。梅雨の時期は、雨仕舞に注意する必要があります。時折見かけますが、上棟後にズブ濡れになっている家があります。あのまま仕上がってしまうのだろうな・・・と考えてしまうと、可哀想な気がしますね・・・。

Q
ZEROエネ住宅は本当に良い家なのでしょうか?何かデメリットがあれば教えてください。
その他
2018/03/09
|  

ZEROエネ住宅を作る事は、資源の少ない日本では必要な事だと考えます。ただし、ZEROエネ住宅と言っても、その方法によってはおススメ出来ない場合があります。例えば、性能の低い家に大きな太陽光発電を設置し、発電した電気をたくさん消費するような燃費の悪い家でも、プラスマイナスがZERO(ゼロ)になっていればZEROエネ住宅と言えます。逆に、性能の高い家に必要最小限に太陽光発電を設置し、発電した電気を消費する家でもZEROエネ住宅です。前者の場合は、機械の劣化と共にZEROエネ住宅にならなくなります。また、発電してくれない時は住み心地の家になってしまいます。メンテナンスコストも高額になります。後者の場合は、必要最小限のメンテナンスコストでZEROエネ住宅を維持できますし、発電してくれない時でも快適に暮らすことが出来ます。

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5