家はいちばんの遊び場。 家づくり対談 家づくりの真実がわかるメルマガ

新着情報

社長ブログ
平石ブログ

当社の家づくり

人生100年を支える家を。

住む人を守り、質の良い暮らしを提供する。
人生100年時代を見据えた家をつくります。

自然災害に強い 住み心地が良い 末長く暮らせる家

床下エアコン体験会

事前予約制

本当に暖かい家を語るなら、真冬にこの家を体験して欲しい。

場所 : 下田島モデルハウス(群馬県太田市下田島町1028-7)

当社が考える「正しい家」の理想を詰め込んだモデルハウスです。家づくりを真剣に考える、すべての人に見ていただきたい。きっと家づくりの役に立つはずです。ぜひご参加下さい。

よくあるご質問

Q
吹付断熱材のメリット・デメリットを教えて下さい。
断熱・気密について
2018/03/09
|  

吹付断熱材のメリットは、簡単に高気密化が図れることです。また、通常1日で作業が完了しますので工期も短く出来ます。金額的にも、最近では安くなってきたようです。デメリットとしては、断熱性能的には高くはありません(吹き付ける厚さによりますが、あまり厚く吹付出来ません)。火災時に燃え上がる危険性があります(使用材料によります)。また、間違った施工をしますと壁体内結露を起こす危険性がありますので注意が必要です(吹き付けた表面を削ったり、カットしてしまう施工方法)。吹付する場合は、必ずパネル等を張った上に吹付することが必要です。間違っても、透湿防水シートに直接吹付することはマズいです。

Q
集成材は後ではがれてしまわないのか?が心配です。また、無垢の材木ではなく集成材を使うメリットは何でしょうか?また、デメリットはありますか?
仕様について
2018/03/09
|  

厳密に言いますと、剥がれると思います。ただ、剥がれるといても、全てが剥がれてしまう可能性は低いと考えますし、過去に集成材の接着剤が剥がれ問題になったケースは聞いたことがありません。そもそも、劣化しない材料はありません。無垢材であっても、ひび割れが発生しますので、剥がれているのと同じです。修正材を使用するメリットは、無垢材に比べて強度が高い事です。また狂いが生じにくいので、建物の気密性が変化しにくいと言えます。デメリットは、比較する物にもよりますが無垢材よりも高価な事があります。また、産地によっては日本の気候にそぐわない材料もありますので、選定には注意が必要です。

Q
冷暖房器具で一番良いのは何ですか?
空調設備について
2018/03/09
|  

冷暖房器具の中で、設置コストが安く・効率的で・ランニングコストも安い機械は、14帖壁掛けエアコンです。このサイズがベストです。14帖エアコンをベースに考えた家づくりが、最も効率が良いとも言えます。

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5