家はいちばんの遊び場。 メルマガ、はじめました。 家づくりの真実がわかるメルマガ

新着情報

社長ブログ
平石ブログ

当社の家づくり

人生100年を支える家を。

住む人を守り、質の良い暮らしを提供する。
人生100年時代を見据えた家をつくります。

自然災害に強い 住み心地が良い 末長く暮らせる家

オープンハウス情報

2020年4月11日(土)〜12日(日)

HEAT20 G2クラス。国内最高水準の高い性能に、暮らしやすさの工夫を詰め込みました。

時間 : 10:00〜16:30
場所 : 群馬県太田市新田赤堀町

この家のお施主様はお二人とも20代の若いご夫婦です。ご主人の趣味のバイクガレージを設置しました。HEAT20G2クラスの性能を持った家です。見所は沢山あります。ご興味ある方は、ぜひ見学にいらしてください。

よくあるご質問

Q
オール樹脂サッシはプラスチックなので、耐久性が低いと聞きましたが、本当ですか?
内部仕様について
2018/03/09
|  

オール樹脂サッシはプラスチック製ですが、一般的に使われているような材質ではありません。対候性・耐久性を考え作られている製品です。実は世界ではサッシと言えば樹脂サッシの事を言います。これほどアルミサッシが使われている国は日本位なのです。そう考えると、お分かり頂けるとか思います。

Q
庇やバルコニーはその下に設置する窓の日射遮蔽に効果があると思いますが、逆にバルコニーの立ち上げにより、バルコニーに面する2Fの窓の日射取得は低下してしまうのでしょうか?
その他
2019/02/05
| ガンちゃん

おしゃる通りで、ベランダの壁は日射取得にとってマイナスになります。特に冬は太陽の位置が低いですので余計に影響が出ます。ですので、バルコニーを設置する場合は、壁ではなくスリット(格子)にする事をオススメします。もしくはバルコニー以外の場所から日射取得を得ることを考えるのか?ですね。因みに当社では基本的にバルコニーは設置しないお客様が殆どです。その理由は、全館空調仕様なので冬は室内干しで乾いてしまうからです。夏はウッドデッキにて干して頂きます。後は幹太くんを設置するのも家事の時短にもつながりますね。

Q
LOW-Eガラスの特徴を教えて下さい。
内部仕様について
2018/03/09
|  

LOW-Eガラスとは、ガラスの表面に太陽からの赤遠外線をカットする処理をしたガラスです。ガラスの処理仕方により、遮熱タイプと断熱タイプの2種類がありますので、使用する地域や間取りによって使い分けないと効果を発揮しません。

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5