家はいちばんの遊び場。 メルマガ、はじめました。 家づくりの真実がわかるメルマガ

新着情報

社長ブログ
平石ブログ

当社の家づくり

人生100年を支える家を。

住む人を守り、質の良い暮らしを提供する。
人生100年時代を見据えた家をつくります。

自然災害に強い 住み心地が良い 末長く暮らせる家

イベント情報

春のオープンハウス開催

小さなエアコン1台で家中が快適に。一年中、素足で暮らせる家。

場所 : 下田島モデルハウス

気候変動の影響で春と秋が短くなり、夏と冬が長くなっています。これからの家づくりは夏の暑さと冬の寒さに適応することが求められるでしょう。小さなエアコン1台で家中を空調出来る性能をもった家「下田島モデルハウス」。一年中素足で暮らせる快適な空間を体感してみて下さい。

オープンハウス情報

2019年4月27日(土)〜28日(日)

数値以上の住み心地を生み出す。家づくりの本質が体感できる家。(先着12組様)

時間 : 10:00〜17:00
場所 : 栃木県足利市

山間にある今回のお家では、あるユニークな設計を施すことで日射取得を確保しました。Q値は1.38、 C値は0.27。HEAT20 G1以上の性能です。もちろんエアコン1台による全館空調。数値以上に住み心地がよく、電気代もかからず、地球にもやさしい家ができました。


【次回見学会予告】次回は5月25日〜26日に太田市にてオープンハウスを予定しています。詳細が決まり次第お伝えします。事前予約制です。メルマガ登録していただくとより早くご案内できます。

よくあるご質問

Q
長期優良住宅の家とは、長期に渡り性能が良い家という認識で間違いありませんか。また、耐久性も高いのでしょうか?
仕様について
2018/03/09
|  

長期優良住宅であれば、耐震性・耐久性・維持管理及び更新の容易性・省エネルギー性に富んだ住宅と言えます。また、長期優良住宅を作るメリットとして、住宅ローン控除の拡充・不動産取得税の拡充・登録免許税の優遇・固定資産税の優遇が上げられます。ただ、長期優良住宅の性能は高いのか?と言いますと、それほど高くないと言うのは事実です。耐震等級は2でも大丈夫ですし、断熱性能(Q値)は2.7です。気密性能に関しては規定もありません。この性能では冷暖房の効きは良くないと考えます。造体についても、特段耐久性のある材木を使用しなくても認定はおります。残念ながら、長期に渡り性能が良い家だとは考えづらいと感じます。

Q
LOW-Eガラスの特徴を教えて下さい。
内部仕様について
2018/03/09
|  

LOW-Eガラスとは、ガラスの表面に太陽からの赤遠外線をカットする処理をしたガラスです。ガラスの処理仕方により、遮熱タイプと断熱タイプの2種類がありますので、使用する地域や間取りによって使い分けないと効果を発揮しません。

Q
ZEROエネ住宅は本当に良い家なのでしょうか?何かデメリットがあれば教えてください。
その他
2018/03/09
|  

ZEROエネ住宅を作る事は、資源の少ない日本では必要な事だと考えます。ただし、ZEROエネ住宅と言っても、その方法によってはおススメ出来ない場合があります。例えば、性能の低い家に大きな太陽光発電を設置し、発電した電気をたくさん消費するような燃費の悪い家でも、プラスマイナスがZERO(ゼロ)になっていればZEROエネ住宅と言えます。逆に、性能の高い家に必要最小限に太陽光発電を設置し、発電した電気を消費する家でもZEROエネ住宅です。前者の場合は、機械の劣化と共にZEROエネ住宅にならなくなります。また、発電してくれない時は住み心地の家になってしまいます。メンテナンスコストも高額になります。後者の場合は、必要最小限のメンテナンスコストでZEROエネ住宅を維持できますし、発電してくれない時でも快適に暮らすことが出来ます。

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5