facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > 10年毎にメンテナンスが必要な場所・・・それはベランダです!
施工現場から
 | 2020.12.26

10年毎にメンテナンスが必要な場所・・・それはベランダです!

こんばんは! 平石です。

今日は、2件の10年点検を行ってきました。

特に大きな問題はないのですが、気になるのがやはり『ベランダの防水』です・・・

家の外装で一番早くメンテナンスが必要になるのが、ベランダです。
陽の当たるベランダは、防水層の保護塗装(トップコート)の劣化しています。

退色(色が薄くなっている)程度であれば良いのですが、10年も経っているとヒビ・剥がれが起きている事もあります。

この剥がれているのは、防水層の保護塗装(トップコート)です。
防水層が痛んでいる訳では無いので、今すぐ雨漏りする事はありません。

しかし、このまま放置すると防水層がどんどん痛んでいきます。

このような状況になると、トップコートの塗り直しだけでなく、防水補修になってしまいます・・・
直すのには、10万~20万位の料金がかかってきます。(大きさによります)

これを10年に1回ペース・・・
ベランダはメンテナンスコストが結構かかります。

住まわれる方のライススタイルや使い方にもよるかとは思いますが、
大きなベランダ・ルーフバルコニーなどはつくらない方が良いかと思います。

現在の当社の家づくりでは、ベランダは作る事がほどんどありません。
ベランダをつくる理由の多くは、洗濯物を干す・布団を干すという事かと思います。

家の性能やつくりでも、洗濯物が乾きやすい事もありますし、室内干しできるスペースを設置したりもします。
また、布団は布団乾燥機があれば問題ありません。
(天日干しではダニは死滅しないのでご注意を!)