facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > 渋川市にて、『位置だし』を行いました!
施工現場から
 | 2020.11.26

渋川市にて、『位置だし』を行いました!

こんばんは! 平石です。

先日、渋川市にて“位置だし”を行いました。

以前にも書きましたが、当社の位置だしは少し大変。

何が大変かというと、“道路やブロック塀などに対して、平行に配置する事がほどんどない”からです。

基礎屋さんや外構屋さんから、「よく一人で位置だししたね・・・」と言われる事もよくあります。(笑)
今回は、社長の小暮と一緒に行いましたので、スムーズに作業が終わりました!

なぜ、“道路やブロック塀などに対して、平行に配置”しないか?というと
*平行に配置する場合もありますが・・・

建物をなるべく南向きに配置して、窓からの日射取得をなるべくしたい事。
また、夏場の日射遮蔽でも南から角度がある程度ずれると、庇(屋根の出)で遮蔽できない事も起こるからです。

*屋根の出(長さ)は、外壁の耐久性や雨漏れのリスク回避などだけなく、夏場の日射を遮るのに使えます。

家づくりは、建物の性能だけでなく、“配置(向き)”なども気にしていきましょう!