facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > 渋川の現場で、塗装工事がスタート!
施工現場から
 | 2021.04.26

渋川の現場で、塗装工事がスタート!

こんにちは!平石です。

6月にオープンハウスを行う、渋川市の現場は、塗装工事が始まりました。

当社では、内部の造作(棚工事など)がたくさんあり、塗装屋さんの仕事量も多いです。

別の現場ですが、仕上がるとこんな感じ↓↓↓

住宅会社の多くは、既製品(仕上がっている材料)を使う事が多く、塗装屋さんが現場作業する事は無くなっている傾向があります。
屋外の材料を考えても、窯業系サイディングなどの仕上り材料を使う事が多いので、塗装屋さんの出番は少なくなっているかと感じます。

既製品などの仕上り品も良いのですが、やはり現場塗装の方が融通が利く事もありますし、そもそも、仕上がり品が無く現場塗装するしかない物もあります。
やはり、木材をたくさん使った家づくりには、塗装屋さんは不可欠な存在なのです。

塗装屋さんの工事が終わると、こんどは珪藻土塗りやタイル張りなどの仕上げ工事となります。
完成がとても楽しみですね!