ホーム > ブログ > 家づくり > 造作キッチンに「モザイクタイル」を貼りました!

ブログ

2020/03/17

造作キッチンに「モザイクタイル」を貼りました!

こんばんは!平石です。
太田市の現場は着々と内装工事が進んでおります。
(4月に完成見学会を予定しております。)

この現場は、システムキッチンではなく、大工さんに作ってもらったキッチンの現場。

太田市新田赤堀町の現場で造作キッチンを作成中!

 

先日は、キッチンの壁に「モザイクタイル」を貼りました。

一般的なキッチンは「キッチンパネル」というパネルを張る事が多いです。↓↓↓

キッチンパネルの利点は、掃除がしやすい事。
つるつるの板なので、拭き掃除が簡単です。

タイルには目地(隙間)がありますから、掃除の観点からみると掃除はしにくいかもしれませんね。
キッチンパネルが主流になったのはそのことが大きいかと思います。

 

しかし・・・キッチンの壁の汚れる事には、理由があります。
それは、換気が上手くできていないから汚れやすいという事。

換気が上手くできていれば、油汚れは換気されて屋外へ排出されていきます。(キッチンの換気扇は相当パワーがありますので。)

汚れやすいキッチンというのは、汚れが換気扇に吸い込まれない為に、まわりに汚れが広がってしまっているのです。

 

そして、換気が上手くできていない理由は主に2つあります。

①家の気密性能が低い。
②換気扇が汚れて目詰まりをしている。

 

家の気密性能が低い

気密性能の低い家は、隙間が多い家という事。
隙間が多いという事は、色いろなところから空気が漏れているわけです。
キッチンの換気扇でいくら排気しようとしても、他の所から漏れてしまうので、汚れが家の中に広がってしまうのです。
これでは、しっかり換気できることはありません・・・

 

換気扇が汚れて目詰まりしている

いくら気密性の高い家だったとしても、換気扇の吸い込みが悪ければ、しっかり換気はしません。
換気扇のフィルターは定期的な掃除を行ってください。

また、フィルターカバーを付けているのを目にする事もありますが、個人的にはあまりお勧めしておりません。

理由は、カバーは思ったより早く交換しないと汚れで換気の邪魔をいている事があるからです。

早めにカバーを交換してもらえれば良いのですが、なかなか交換されない人もいるようです。

長々と書いてしまいましたが、
気密性が高い家で換気扇を掃除していれば、汚れにくい状況はつくれるという事です。

その上でキッチンパネルを貼れば、それはそれで掃除しやすくて良い事かと思います。
ただ、オシャレなタイルが貼ってあるキッチンでお料理をする事など、色々な楽しみ方があるのも確かです。

皆さんはどんなキッチンを作りますか?

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5