正しい家づくりに役立つ情報をホンネで書きます。

毎週、月・水・土にお届けします

日本の家は性能が足りません。それも圧倒的に、です。

欧米ではほとんどの国で室内最低温度の基準があり、
おおよそ「無暖房で18〜21度」が適温と決められています。
反対に、16度を下回る家は危険家屋と判断されてしまうようです。

ところが、日本ではそのような室内温度の基準がないので、
いまだに冬の室温が一桁・・・のような恐ろしく寒い家がバンバン作られています。

とにかく、断熱・気密性能が低すぎるのです。

私から見れば、日本の家は断熱・気密がスカスカで、
無理やりエアコンの温風を吹いているような状態です。
服も着ずに裸にカイロを貼っているようなものです。

その結果・・・頭上は暑いけれど、足元は冷たい。
暖房している部屋は暖かくても、廊下に出ると寒い。
ベッドから出るのが億劫で、朝の家事が嫌になる。<
光熱費がかかるので、ひたすら我慢。

これらはすべて家が悪いのです。

はっきり言いますが、立派なハウスメーカーの新築の家でさえそうです。
日本にも一応、「省エネ基準」という基準があります。
やっと2020年に義務化されるようですが、
それすら欧米より30年は遅れたレベルです。

断熱基準が低すぎる上に、気密に至っては規定すらありません。

なぜそうなのか?といえば、これもおかしな話で、
気密測定は工事中の実測が必要なので、「役所が判断できない」からです。
また、「施工が難しく面倒くさい」という理由もあります。

大きな声では言えませんが、
一部の大きな住宅会社から数値化への根強い反対があるとも聞きます。

これでは誰のための家づくりなのかわかりません。

質の低い住宅を建ててしまうと生涯に渡って住み心地が悪い上に、
光熱費やメンテナンスのコストが何倍もかかってしまいます。

快適で安全な家に住む権利は、すべての人にあります。

これから家づくりを始める方に正しい知識を身につけて欲しいと考え、
メルマガを書き続けています。

真剣に本音で書いています。ぜひ読んでみてください。
住宅会社の営業マンさんが知らない、正しい家づくりの知識です。

有限会社子育て世代の家設計室
代表取締役社長 小暮徳行

有限会社子育て世代の家設計室 代表取締役社長 小暮徳行

小暮徳行有限会社子育て世代の家設計室 代表取締役社長
一級建築士・一級建築施工管理技士・一級土木施工管理技士

昭和42年、群馬県太田市にて生まれる。大学で建築学科を卒業後、海外留学を経て総合建設会社に勤務。平成15年に独立し、有限会社子育て世代の家設計室を設立。以来の建築実績はのべ400棟に迫る。数年前より日本におけるパッシブ住宅の第一人者である松尾和也氏に師事。メルマガ、ブログ、SNS等を通して正しい家づくりに役立つ情報を発信する。

こんなメルマガを書いています

トリプルガラスを使わない方が良い理由

トリプルガラスはペアガラス
よりも高性能です。

結露も起こりにくいですし、
ガラス面から外に出ていく
熱も少なくなります。

特に冬は室内外の温度差が
大きくなりますので有効に
なります。

そんな素晴らしいトリプルガラス
なのですがうちは採用していません。

その理由は・・・と言うと、

値段が高いからケチっているん
じゃないの??などと言われそう
ですがそうではありませんよ!

まあ、それも多少はありますけどね(笑)

最大の理由はトリプルガラスにして
しまうと冬に寒くなってしまうから
なのです。

トリプルガラスは外に出る熱の量を
抑えることには有効です。

しかし、その逆に外からの熱を
入れにくい状況も作ります。

夏は外からの熱が大きいので
トリプルガラスの方が良いと
思うかもしれません。

しかし・・・

実は、トリプルガラスでもペアガラス
でも夏には大差がありません。

そもそもガラスですので・・・

それよりも有効な方法はガラスに
日光を当てないことです。

庇やシェードを付ける方が
トリプルガラスよりも有効です。

次に冬はどうなのか?と言うと、
これが問題になります。

冬の太陽熱は貴重なエネルギーです。

高気密高断熱の家であれば、
窓から入ってくる熱だけで
室内を暖められます。

下田島モデルハウスでも日中は
太陽熱だけで家中が暖かくなります。

場合によっては暑すぎる位になります。

しかしトリプルガラスを使ってしまうと
太陽熱が入りにくくなってしまいます。

これを専門用語を使うと「日射取得が
減ってしまう」と言います。

ただし、この理屈は地域によって
変わります。

因みにLOWーEガラスにも色々な
種類があり、使用する地域や方向に
よっても変える必要があります。

いずれにしても高性能な物を使えば
何でも良い訳ではありません。

ここが解っていないとせっかくお金を
かけても意味がなくなりますね。

では!

こんなメルマガを書いています

  • JIOの検査は大したこと無い
  • 制震ダンパーの間違った使い方
  • 何でも出来るのが一番危ない
  • 耐震等級3と耐震等級3相当は全く違う・・・その理由part1
  • 床暖房をおススメしない理由
  • 高気密高断熱住宅の弱点
  • ※メルマガに登録していただくと、過去のメルマガを全て読むことができます

ページの先頭へ戻る