facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > 夏の必需品『アウターシェード』の使用注意点をお伝えします。
施工現場から
 | 2020.07.09

夏の必需品『アウターシェード』の使用注意点をお伝えします。

こんばんは! 平石です。

先日はすごい暴風雨でしたね・・・
車を運転していましたが、前が見えないような雨風でした。

しばらくすると、OBのお客様から連絡が・・・

嫌な予感はしておりましたが,
「アウターシェードが壊れてしまった・・・」とのご連絡。

アウターシェードはこれ

窓の前につける、収納式の『日除け』です。

当社ではすべての家で、アウターシェードを付けています。(標準装備です。)
電気代をなるべく使わずに、家の中を涼しくするのには不可欠ですので。

そんな夏場の必需品であるアウターシェードですが、使用する上での注意点があります。

それは、『アウターシェードは、強風の時は、収納していただく事』
取扱い説明書にも書いてありますし、事前に説明もしておりますが、年に数件は修理の依頼を受けております。

今回の様に、風が強くなる予報の場合
また、雨の場合などは、アウターシェードは必ず収納して下さい。

雨の場合は、生地が濡れて重くなります。
そこに強風が吹けばとても壊れやすい状況となります。

また、濡れた生地を収納してしまうのも、メンテ上良くはありません。

アウターシェードは日除けが目的です。

雨が降っている場合は、おそらく窓から日射がたくさん入ってくることはないかと思います。
暑い時期になったら、「何が何でも、アウターシェードを下げていなければいけない」という事ではありません。

アウターシェードをご使用の皆さまには、ご不便や余計な出費を防ぐ為にも、お気をつけて頂けたらと思います。