facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > ウッドデッキの隠し格子と、シャッターボックスの隠し格子が絶妙です
施工現場から
 | 2021.09.18

ウッドデッキの隠し格子と、シャッターボックスの隠し格子が絶妙です

只今、久喜市にて施工中のお家が仕上がって来ました。

珪藻土工事も終了し、この後は照明やトイレ、ハニカムブラインド、アウターシェード等を取り付けます。

外部洗濯物干し場となるウッドデッキに隠し格子を設置してみました。

風を通しながら、目隠しになり、更にアクセントにもなるので、良いように感じます。

また、防犯対策としてシャッターを設置しました。

こちらにも木製の目隠しを設置し、外壁と調和を図りました。

来月からは外構工事もスタートします。

当社で家づくりをお手伝いさせて頂くお客様は、外構工事も含めて家づくりを考えられています。

外構工事を家づくりと一緒に行えば、デザインの統一性も高まります。

せっかく木の家を作ったのに、外構工事がアルミ等の既製品だらけになってしまうのは勿体ないですね。

もしくは、予算の殆どを家づくりにかけてしまい、外構工事は砕石敷きとカーポート位・・・と言うのも勿体ないです。

家づくりを計画する際は、外構工事も含めた予算配分をオススメいたします。