facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > 分業制の家づくりの最大の欠点
動画コンテンツ
 | 2020.03.28

分業制の家づくりの最大の欠点

今回は住宅会社の
システムについて
どうかなと思う所が
あるので、皆さんにも
知っていただきたく
解説をします。

どんなシステムか
というと、分業制です。

例えば大きな会社だと
営業マンさんは
お客さんと接客して、
土地を探してあげて、
住宅ローンを通して
あげるという担当です。

実際に間取りを
書くのは設計担当です。

その間取りができたら、
現場担当の監督さんに
渡します。

現場担当の監督さんは
その間取りに描いてある
通りに家をつくるという
感じですね。

これが分業制。

図を描いて説明します。
(動画を観てくださいね)

まず営業マンさんが
例えば土地やローンなど
基本的な説明をします。

設計の方は間取りや
コーディネイトですね。

監督さんはつくる
という部門ですかね。

この間には発注があって、
お金を決める業務さんも
いたりします。

大きな会社さんだと、
測量さんが建てる場所の
土地を測ってもらう
外注さんがいたりします。

いずれにしても
こういう風なシステムを
やってるいるところが
あります。

一方で当社みたいな
小さい会社は、
私がいて、監督がいて、
構造チェックをする
外注さんがいます。

あとは連絡業務をする
事務員さんがいる
という感じです。

私は土地探しから
ローンから説明から
間取りまで全部やります。

監督さんは
つくるんですが、
場合によっては現場で
お客さんと一緒に
コーディネイトとか
仕上げの打ち合わせを
したりもします。

なので二人で全部を
やってるって感じです。

自分の会社で
構造チェックもしますが、
それだけでは怖いので
第三者、外注の方にも
構造チェックをして
もらってダブルチェックを
しています。

事務員さんが
お客さんに連絡したり、
直接工事には関ないですが
取りまとめをしたり、
こんなシステムです。

これはどちらが
良いか悪いかという話
ではありません。

やっぱりこういう方が
各々の仕事が決まって
いて集中できるから
良いですよね。

お客さんも
営業や設計担当など
それぞれのプロが
やってくれるから
ものすごく安心ですよね。

こういうシステムは
ものすごく効率が良いと
思います。

ただここで気になるのが
これを束ねる総監督は
誰なのか?ということです。

現場監督は、
図面の通りに家を建てる
だけなので、余計な事を
言ってはいけません。

営業マンさんは、
その間取りは使いづらいと
思ったり、どうかな?と
思っても、そんな事を
言ってはいけません。

もうちょっと言うと、
監督さんが勉強していて
この間取りだと熱環境的に
無理なんじゃないか
と思ったとしても、
そんな事言うと
お互いの仕事の侵害に
なっちゃいますから、
そういう事を言っては
いけません。

でもお客さんは
住み心地が良くて
ちゃんとしている家が
良いですよね。

結果として、
やっぱりお客さんが
望んだ家ができないと
困りますよね。

それが人によっては
デザインかもしれないし、
場所で家を買ったかも
しれないし。

人によっては
住み心地を重視して
買ってる人もいます。

でもそのお客さんが
重要視した所を総合して
誰かがチェックする人が
いなければ、分業制って
問題が起こる場合が
あるんですよ。

それを先日、
感じた事がありました。

私の会社の見学会に
来たお客さんから
聞いた話です。

ある土地がありました。
すでに隣には
2階建ての家が建ってる。

そこに家を建てたいと
ある住宅会社さんに
行ったそうです。

希望は平屋が良いと。
使い勝手も良いし
平屋も流行ってるし。

営業マンさんは
平屋が良いですよねと
いう話をして、設計に
敷地の図面を渡します。

すると設計の方は
敷地図を見た時に、
当然道路からアクセス
しやすいように車を
置きましょうと。

南側に窓を付けた方が
見栄えが良いですよねと。

(動画を観てくださいね)

お客さんも設計の方は
プロなので良いですねと。

結果どう思いますか?
全く家に日が当たりません。

朝日が当たるだけで、
あとはずっと当たらない。

確かにこのお客さんは
平屋は使い勝手が良い
と言ったかもしれない。

営業マンさんも
そう言って、確かに
この土地に収まるように
動線を考えて法律に
違反しない設計でした。

最終的にできた家は、
日当たりの悪い、
寒い家なんですよ。

住んだあとに
お客さんは気付いた
らしいですね。
日が当たらないってね。
これはやっぱり
分業制の弊害だと
私は思います。

敷地調査をする人も
設計書く人も、おそらく
一緒であればこんな
建て方はしません。

もし私なら、
敷地の大きさは厳しいし、
それでも建てたいなら
こっち側に寄せましょうと。
そうしないと寒くなり
ますよと。

それでも良いんですか?
という話をしてから
設計をすると思います。

本当に笑えない話です。

でもこういう家は
意外につくられています。
町中を見るとね。

なので分業制は
ものすごく良いかも
しれませんが、一方で
総監督がいないと
怖い事もあることを
皆さんも覚えておいて
いただければと思います。