facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > 屋根断熱と天井断熱はどっちがいいの?
動画コンテンツ
 | 2019.03.31

屋根断熱と天井断熱はどっちがいいの?

今回は2階の
天井の断熱について解説をします。

2階の天井を断熱する方法は
大きく2つあります。

一つは「天井断熱」と言って、
2階の天井部分を断熱する方法です。

もう一つが「屋根断熱」と言って、
2階の天井の上の屋根の部分で
断熱する方法です。

コストは屋根断熱の方が高いです。
施工する面積が増えますし、
屋根の形状に合わせて施工するため、
手間もかかるからです。

ただ屋根断熱の方が
性能としては断然上です。

なぜかというと、
夏場に太陽が当たって
屋根の温度がものすごく上がった時に、
屋根断熱であれば
屋根でブロックしてくれますので、
屋根裏に熱が入りにくくなります。

そうなるとエアコンをかけた時に
満遍なく涼しくなりやすいです。

天井断熱ですと、
屋根に当たって温められた熱が
やっぱり屋根裏に入ってしまいます。

そうなるとその暖かい空気が
部屋の中に入りやすくなります。
エアコンをかけた時に
足元は冷えますが、どうしても
頭が暑いみたいなことが起こります。

コスト的には屋根断熱の方が
高くなりますが、性能は良いです。

天井断熱をもし採用する場合は、
断熱ラインをかなり厚いものにしないと
ちょっと厳しいかなと思います。

壁の断熱材と天井の断熱材の性能を
同じにしている会社さんが多いですが、
正直言って、全くダメです。
夏は暑くなってしまいます。

壁に対して天井の断熱性能が
だいたい2倍くらいあって
バランスが取れます。

天井断熱でも屋根断熱でも
屋根の断熱は壁の倍以上の性能を
もたせないと夏は暑くなってしまいます。

このことだけは
ぜひ覚えておいてください。