ホーム > ブログ > 家づくり > 深谷市にて、外壁の“焼杉張り”が開始しました!

ブログ

2020/09/03

深谷市にて、外壁の“焼杉張り”が開始しました!

こんにちは。平石です。

深谷市で工事している現場で、外壁の『焼杉工事』が開始しました。

焼杉とは、杉板を焼く事により、表面を炭化させ腐食しにくくしたもの。
耐久性が高い材料なので、メンテナンスコストがかかりにくい材料です。

今回も“素焼き”の焼杉を使用しております。

焼杉は耐久性もりメンテナンスコストがかかりにくい材料です。
また、独特な風合いのデザインとなり、私的にはとてもかっこいい外観になるかと。

↓↓↓以前、工事した家です!

しかし、デメリットも・・・

それは、さわったら、汚れる事・・・

工事している大工さんは、ちょっと大変。
服や道具が真っ黒になって工事を行っています。
*ちょっとわかりにくいですが、シャツ・ズボン汚れています。

ですから、住まわれてからお子さんがさわったりすると、真っ黒になってしまいます。
そこも含めて、外壁に焼杉を使うかどうかは、ご判断してください。

 

 

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5