ホーム > ブログ > 家づくり > “雨が多い時期”だから気を付けたい事

ブログ

2020/09/23

“雨が多い時期”だから気を付けたい事

こんにちは! 平石です。

またまた、台風が来ております。
本当に雨の多い時期ですと、基礎工事や上棟などが思うようにいかない物です・・・

そんな時だからこそ、皆さんにも注意していただきたい事があります。

それは、「濡らしては良くない物を濡らしてはいないか?」という事。

さすがに、仕上げ材料を雨ざらしにしている建築会社や大工さんはいないかと思います。
しかし、構造部分になると話がかわります。

構造部分は、最後には内装材に隠れて見えなくなってしまう場所です。
ですから、あまり気にしていない建築会社も多いように感じます。

例えば、基礎のコンクリート。

今の家はベタ基礎が多いです。
ベタ基礎のベース部分のコンクリートを大雨の中、流し込んでいる現場を見た事があります。

*コンクリート表面が固まる(締まった)あとに雨が降るのは問題ありません。

雨の中のコンクリート打設・・・それからわかるたくさんの事を話します。

もう一つ、よく目にするのが、構造用合板が雨ざらしになっている現場。

外部の壁を構造用合板を張ったのは良いのですが、ブルーシートもかけずそのまま放置。
雨が降ってもそのままになっている現場はたまに目にします。

水に強いパネルを貼っている分には良いのですが、(それでも長期間雨ざらしは良くないかと)
構造用合板は雨に強くありません。

合板をとめる釘が効かなくなり、計算している耐力が出ない事もあるでしょう。

『構造パネルが危ない??』安全な家づくりの注意点を解説します。

 

一切濡らさないで工事する事は、不可能かもしれません。
しかしながら、“濡らさない努力をしない”ことは問題ありでは?と思います。

これから家つくりを考えれれている方は、性能やデザインだけでなく、上記のようなことにも目を向けて頂けたらと思います。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5