ホーム > ブログ > 家づくり > 家づくりを計画する時に、一番重要なことは何?

ブログ

2020/10/02

家づくりを計画する時に、一番重要なことは何?

家づくりを計画する時に、一番重要なことは何でしょうか?


住宅会社選びも重要ですし、間取りやキッチンや洗面台等の仕様も重要です。

土地がない方は、土地選びも重要ですよね。

でも、絶対に外せないことは予算(お金)だと思います。

なので、まずは予算を決めて、その予算にあう家づくりを計画する事は基本です。

また、予算と共に家づくりの優先順位を決めておくことです。

優先順位とは、譲れない部分と譲れる部分です。

例えば、住み心地だけは譲れないけども、キッチン等の設備器具は安い物でもOKと言う方もいるでしょう。

逆に、キッチン等の設備は譲れないけども、普通に断熱材が入っていればOKと言う方もいるでしょう。

もしくはデザインは譲れないけど、耐震性能等は普通(耐震1)でOKと言う方もいるでしょう。

要するに、人それぞれです。

次は、この優先順位の条件で、住宅会社を選べば良い事になります。

まとめると、

予算と優先順位を自分で決める。そして、住宅会社を探す。

物凄くシンプルです。

その一方で、何も決めずに、色々な会社を回り、自分に合う住宅会社を探そうとする方もいます。

先日、当社のモデルハウスに来られた方が、そのような感じでした。

大手ハウスメーカー、ローコストメーカー、中小工務店など、6社くらいを回っているそうです。

そして、信頼できる住宅会社を探しているようです。

でも、その前に・・・

「お客さんが信頼できる住宅会社さんって、どのような住宅会社さんですか?」と質問してみました。

答えは、

「しっかりしてる住宅会社です。」

では、

「しっかりしてるとは具体的にどういう事ですか?」

こんな感じです。

でも、お客さんを質問攻めにしたい訳ではありません。

確かに、消費者の方は家づくりに関しては初めての経験ですので、何も解らないかも知れません。

でも、

どんなことが嫌で、どんなことが好き、位は決めないとマズイです。

また、

これから数十年も住まわれる家だと思いますので、「こういう部分は優先順位に上げないととマズいかな?」と思うはずです。

更に、

これだけ温暖化で暑くなっているのですから、「暑くて寒い家はマズいかな?」も想像できるかと思います。

これらの優先順位等を住宅会社にぶつけて、どんな事を言うのか?を眺めてみると面白いかも知れません。

また、その時の、相手の反応や説明の仕方、態度、雰囲気を感じれば、何となく解る事もあります。

言い方を変えると、「目は口程に物を言う」でしょうか。

これは人間が生まれながらに持っている基本的な能力です。

この大切な能力を、頭だけで理解しようとすると、使えなくなり、本質的な部分が見えなくなります。

言い方を変えると、

知識ばかりが先行している方は本質的な部分が見えません。

Ua値はいくつですか?C値はいくつですか?断熱材は何?窓はトリプル?
こんな感じです。

確かに、これらも重要です。

しかし、家づくりで最も重要な事は、良い材料を使う事だけではありません。

その良い材料をどのように組み合わせるのか?を決め(設計)、正確に組み立てる(施工)です。

これと共に重要なのは、携わっている方が家づくりを好きかどうか?です。

これを料理に例えると解りやすいです。

市場に行って素材を選び、素材を生かす料理方法を考え、料理をしたら味見をし、納得出来たらメニューにします。

この逆が、

素材も業者任せ、調理も業者任せ、味見もしないで、メニューばっかり変えているレストランです。

それでも料理は出来ますが、本当に美味しくて健康的な料理が出来るのか?は解りません。

いずれにしても、

住宅会社を何社も周り、沢山資料請求をして、無料の間取りを書くのも悪くはありません。

ただし、

それで「信頼できる住宅会社で、間違いにない家」が作れるのかな?と感じます。

では!

追伸です。

住宅会社でも同じように感じます。

ZEHが流行れば宣伝し、
屋上庭園が流行れば宣伝し、
全館空調が流行れば宣伝し、
こんな感じの住宅会社って
ありませんか?

そのような住宅会社は、何をしたいのか?ですね。

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5