facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > 富岡市にて建物の『位置だし』を行いました!
施工現場から
 | 2022.02.19

富岡市にて建物の『位置だし』を行いました!

こんばんは! 平石です。

今日は、富岡市にて建物の“位置だし”(地縄張り)を行いました。
正式には、以前に位置だしは行っておりましたが、建物の位置が移動となった為、張り直しを行いました。

前回のブログでも話が出ましたが、
当社の建物の“配置計画”は道路や境界と平行になったりはしない事が多いです。

これは、なるべく南側に家を向ける事によって、より多くの太陽光を室内に入れるためです。
そうなると、キチンと納まるか?(屋根が越境しないか?など)の確認もシビアになってきます。

今回の移動は、ギリギリまで北側に寄せる・・・
図面では納まっているように見えても、実際そのまま建ててしまうと雨樋などが越境してしまうような事もあります。

この様に、敷地に対して建物を斜めに向けた場合は、特に注意が必要な事なのですね。

話は変わり、この富岡の現場から車で20~30分で、高崎の現場・藤岡の現場に移動できます。
現場がまとまっていると、同じ日に回る事ができて現場管理は行いやすいですね!

因みに高崎の現場は、鉄筋の組立中です。↓↓↓